テクノスター金物すべての接合部を高耐震にする「テクノスター金物」が地震に強い構造をつくります。|ネット住宅は【web housing by アイフルホーム】

文字の大きさ

アイフルホームの性能品質と保証システム


地震に強い構造をつくる接合技術を進化させた
テクノスター金物

すべての接合部を高耐震にする「テクノスター金物」が地震に強い構造をつくります。

地震に強い一体化構造を実現したテクノロジー

すべての接合部を高耐震にする「テクノスター金物」が地震に強い構造をつくります。 阪神・淡路大震災による犠牲の多くが家屋の倒壊によるものでした。
倒壊した家屋のもっとも重大な問題点は、接合強度不足でした。地震の縦揺れによって家が上下し、その力で土台から柱が抜け、構造が大きくバランスを崩したり、横揺れによって梁が抜けてしまい、倒壊する危険性もあります。
アイフルホームの家は、地震の力が集中する接合部の強度を高め、構造全体の品質を安定させた、地震に強い家として「テクノスター金物」が支えます。



木、本来の強さを発揮するシンプルな仕口継手加工。

従来の接合部は、構造材と構造材をはめ込むために、複雑な加工が施され、構造材は大きく削り落とされて強度低下をまねく一因ともなっていました。テクノスター金物による接合の場合、スリットと呼ばれるシンプルな加工形状とすることで、大きな断面欠損はなく、木本来の強さを発揮することができます。

梁と柱の接合部

強度

強い地震の力がかかる接合部の強度を大幅に高めた「テクノスター金物」

接合強度比較

実際の地震を想定して、縦方向の力を加え、一般的な木造軸組の接合方法とテクノスター金物による接合強度を比較。せん断耐力で約1.4倍、引抜耐力で約2.1倍の接合強度があることが証明されました。

一般的な木造軸組の接合方法とテクノスター金物による接合強度比較

せん断耐力で約1.4倍、引抜耐力で約2.1倍の接合強度

耐久性

接合強度をいつまでも維持するために高い耐久性能を追求しました。

接合強度をいつまでも維持するために高い耐久性能を追求しました。
独自に開発されたテクノスター金物

110年以上の耐久年数をほこる、3層の表面加工。

建てたときの強度をずっと維持して、いつまでも地震に強い家であるために、テクノスター金物の耐用年数に求めた基準は110年以上。表面に3層の加工を施し、いちばん外側には、自動車の防錆技術として開発されたカチオン電着塗装を採用しました。サイクル腐食試験機の試験結果により、アイフルホームのテクノスター金物は、110年以上の耐用年数があることが実証されています。

3層構造の処理を施したテクノスター金物。サイクル試験と推定耐用年数計算式により、溶融亜鉛系のメッキだけで70年以上の耐用年数が確認されました。さらに2層のコーティングを施すことで、110年以上の耐用年数を実証済みです。

品質と保証システム


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!