文字の大きさ
- +

土地の探し方のポイント

上手な土地の選び方、土地を買う時の基本的な知識。

土地探しから家づくりを始める場合に知っておきたいこと。

土地探しからマイホームづくりを始める場合、少しでも広くて、少しでも安い物件で、周辺環境や学区の条件が良い場所を手に入れたいものです。
しかし、条件が良くて安い土地には、何か理由があるものです。
土地から探している方が知っておきたいことをまとめました。
これからの家づくりの参考にしてください。

土地探しの基礎知識1
役所に行って都市計画図で確かめよう。

どこの市町村にも都市計画法というものがあります。
まず役所に行って「都市計画図」で検討している土地を確かめてください。「都市計画図」は、様々な色づけがされていますが、色が塗ってあるところが、都市として開発・整備を進めていく「市街化区域」です。
色が塗っていないところは、「市街化調整区域」と言って、市街化を抑制する区域で、家を建てられない場所です。
「市街化調整区域」でも、大規模な団地造成や農業用建物が建てられる例外はありますが、これは特別なケースです。
まず、検討している土地が「市街化区域」に入っていることを確かめましょう。

土地探しの基礎知識2
家の広さを決める建ぺい率・容積率は知っておこう。

建ぺい率・容積率

地域によって建てられる家の最大の大きさが決まっています。
建ぺい率は、1階部分の工事面積を決めます。また容積率は、敷地面積に対してどこまで床面積を広くできるかを決めています。土地を探す場合、どんな家が建てられるか、まず建ぺい率・容積率を確かめることがポイントです。

2階建てのこの家の場合、建築面積は1階部分の面積Aと同じ。
延べ面積は1階の面積Aと2階の面積Bの合計となります。

土地探しの基礎知識3
北側斜線制限・道路斜線制限・隣地境界線について確かめよう。

建築基準法は、家を建てる場合、北側に十分な日照が得られるように家の高さを制限しています。
同じように、道路の幅や距離により家の高さを制限しています。また民法によって、都市計画では隣地境界線から家をどれだけ離さなくてはならないかも決められています。
建ぺい率・容積率と合わせて、どんな広さ、高さの家が建てられるかを決める要素ですから、土地を買う際に十分な説明を受けることが大切です。

土地探しの基礎知識4
土地の価格以外に別途費用がかかる場合があります。

土地の広さや価格が条件以上だからと言って、その物件に飛びつくのはとても危険です。
その土地の道路幅は十分ありますか。もし道幅が狭い場合、大型車が入れず工事に別途小型運搬費がかかることがあります。
またガスや水道の引込みが敷地内にされていない場合、引込み工費費用が別途かかります。道路と敷地の高低差も要チェックです。高低差があることにより、造成工事・土留(どどめ)工事・よう壁などの外構工事が必要になってくる場合もあります。なぜ安いのかを、きちんと確認することが大切です。

土地探しの基礎知識5
広さや価格だけでなく、地盤のことも確かめましょう。

どんなに家を強く造っても、それを支える地盤が十分な強さを持っていなければ何の意味もありません。
造成地などの弱い地盤の上に建てた家は、家が傾く不同沈下等が起きてしまうこともあります。
外から見ても判断できない地盤は、専門の調査と、保証会社による調査、調査に基づく対策、保証があるかどうかをきちんと確かめてください。

関連記事

家の所有のイメージ

【土地の権利】所有権と借地権の違いや特徴、メリットについて!

家を建てる場合、土地の権利の違いによって自由度や費用が大きく異なることをご存じでしょうか。この記事では、家を建てる際や購入する際に知っておきたい土地の「所有権」と「借地権」の違いや、それぞれの特徴・メ...
家を建てる際の規制や注意点

土地購入前に知っておきたい、家を建てる際の規制や注意点とは

希望通りの広さの土地を購入したのに、法規制によりイメージ通りの大きさ・広さの家を建てられなかったというケースは、意外と少なくありません。不動産物件の購入を検討している場合は、土地に関する規制や法律上の...
ハウスメーカーや工務店に依頼

土地探しのコツ!ハウスメーカーや工務店に依頼するメリットを知ろう

土地を探して家を建てる場合、「土地探しは不動産会社に依頼して、住宅の建築はハウスメーカーや工務店に⋯⋯」と考える方は多いでしょう。しかし、土地探しの段階からハウスメーカーや工務店に依頼することもできま...
土地購入の費用や仲介手数料

土地の価格はどのくらい?購入時の費用や仲介手数料について

土地を購入する際にかかる費用の大半は、「土地の価額(土地代)」です。しかし、土地代だけの金額で予算を立てると、実際にはさらに多くの費用がかかり予算オーバーしてしまうケースも考えられます。 土地の購入に...
土地購入時のローン

土地購入時に住宅ローンは組める?つなぎ融資の仕組みや注意点

土地を購入して新築住宅を建てる場合、建売住宅や中古一戸建てなどを購入するよりも支払いのタイミングが多く、ローンの利用手続きもやや複雑です。そもそも、土地の購入時に住宅ローンは利用できるのでしょうか? ...
インターネットで土地探し

インターネットでの土地探しのコツは?土地物件情報の見方をご紹介

戸建ての建築を検討している場合、まずは土地探しから始めなければなりません。インターネットにはたくさんの土地情報が掲載されており、気軽に土地探しをすることが可能です。 しかし、気軽に土地探しができるとは...
安全な土地選び

安全な土地選びのポイントは?不同沈下の原因や地盤調査の必要性について

家を建てる土地を探す際の条件といえば、「立地や周辺環境が良いこと」「予算に見合った価格であること」「地盤がしっかりしていること」などがあげられます。家を建てるなら、地盤の安全性はしっかり確認しておきた...
建築条件付き土地

建築条件付き土地を選ぶメリットや注意点を知っておこう

インターネットで土地に関する物件情報を集めていると、「建築条件付き」という記載をよく見かけるかもしれません。何らかの「建築条件」があるとは理解できますが、具体的にどのような条件がある土地なのかご存じで...
上手な土地の探し方

後悔しない家づくりのために!上手な土地の探し方

注文住宅を建てようと思った際、何から始めれば良いのでしょうか?家を建ててから後悔しないためには、理想の住まいづくりのポイントを押さえて、入念な計画を練る必要があります。家自体の外観や広さ、間取りの他に...
建ぺい率

角地緩和って何?建ぺい率の計算方法や緩和の条件をチェック

家を建てる際には、さまざまな法令を守らなければなりません。適用される法令によっては家を建てる条件にも影響があるため、土地選びの段階で法規制についてしっかりと確認する必要があります。 「建ぺい率」は家を...


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ
ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
バーチャル展示場
ネット限定住宅が建築可能な地域
住宅ローンのシミュレーション
家を建てるなら知っておきたい!はじめての家づくりガイド



【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ発送の休止
    デジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの休止(留守番電話設定になる場合)
    マイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ

クイックメニュー