土地購入時に住宅ローンは組める?つなぎ融資の仕組みや注意点

文字の大きさ

土地購入時に住宅ローンは組める?つなぎ融資の仕組みや注意点

土地購入時に住宅ローンは組める?つなぎ融資の仕組みや注意点

土地を購入して新築住宅を建てる場合、建売住宅や中古一戸建てなどを購入するよりも支払いのタイミングが多く、ローンの利用手続きもやや複雑です。そもそも、土地の購入時に住宅ローンは利用できるのでしょうか?
今回は土地購入から家づくりをはじめる方のために、ローンの利用・つなぎ融資についてご紹介します。土地購入から資金計画を立てる方は、ぜひ参考にしてください。

土地購入の際、住宅ローンを利用できる?

住宅ローンのタイミングまず、土地購入の際、住宅ローンは利用できるのでしょうか?
住宅ローンは居住用の家を建築することが目的となりますので、土地を購入するためだけに利用することはできません。但し、居住用の家を建築するために土地を購入する場合は、土地と建物を一本化して住宅ローンを組むことができます。

しかし、住宅ローンは建物が完成してから融資が実行されます。建物が完成する前に、土地を購入するための資金や建築中の代金の一部を支払わなければなりません。そこで、自己資金で支払えない分を一時的に借りる「つなぎ融資」を利用するのが一般的です。

つなぎ融資の仕組み・支払いタイミング

つなぎ融資は、住宅ローンの融資が実行される住宅完成後までの期間に融資される一時的なものです。また、つなぎ融資は住宅ローンで返済する(精算する)ことになります。そのため、たいていの場合つなぎ融資における借入金額の上限は住宅ローンの融資額までで、つなぎ融資を利用している間は、利息のみを支払うことになります。
住宅ローンの返済開始は、建物の完成後です。引き渡し後すぐに入居ができれば、賃貸住宅や仮住まいの費用とローンの返済が重ならなくて済むというメリットがあります。

では、土地を購入してから家を建てる場合にどのようなタイミングで支払いが必要になるのか、一般的に支払いが発生するタイミングをご紹介します。

土地購入時

土地の売買契約の際には、まず土地代を仲介業者または売り主に支払います。住宅ローンを利用する場合は融資が実行されるのは、住宅の完成後となるため、先に購入資金を用意しなければなりません。

住宅の建築契約時

土地を購入後、建築業者と住宅の建築工事請負契約を結ぶ際に「契約金」や「着工金」として、工事費用の一部を支払う必要があります。

建築工事中

家を建てている間、工事費用の一部である「中間金」を支払わなければなりません。

住宅引き渡し時

建物が完成し、建物の保存登記ができれば、金融機関は抵当権の設定ができるので、金銭消費貸借契約を締結し、住宅ローンが実行できるようになります。融資されたお金で、建物の引き渡し時に建築業者に工事費用の残りの代金を支払い、さらにつなぎ融資を受けた分を返済し、清算します。

つなぎ融資を受ける場合の注意点

住宅引き渡し以前に支払う費用を自己資金でまかなえない場合は、つなぎ融資が必要です。つなぎ融資を受ける際には、以下の点に注意してください。


つなぎ融資を利用できる金融機関が限られる

つなぎ融資まず、すべての金融機関が「つなぎ融資」を取り扱っているわけではありません。

また、つなぎ融資を受ける場合は、融資してくれる金融機関で住宅ローンも組むことになります。金融機関によって異なりますが、基本的にはつなぎ融資のみを別の金融機関で利用することはできません。


つなぎ融資には金利がかかる

つなぎ融資を受ける際は、金利が発生します。つなぎ融資は住宅ローンよりも金利が高く、金利は2~4%程度です。また、借入金と利息分だけでなく、事務手数料や印紙代などの諸費用も別途かかります。住宅ローンが実行されるまでの期間が長ければ、その分利息も大きくなるため、スムーズな家づくりができるよう心がけましょう。

おわりに

今回は、土地を購入する場合にローンを利用する方法と、つなぎ融資の仕組みや注意点についてご紹介しました。土地を購入して家を建てる場合、建売住宅や中古住宅のように土地と建物をまとめて購入するよりも支払い手続きが複雑です。「自己資金がなくてもローンで払えばいいや」などと安心はできません。土地購入の際は住宅ローンの支払いを含めた資金計画を入念に確認して、慎重に準備を進めるようにしましょう。

土地探しのおすすめコンテンツ

土地購入ガイド


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

フリーダイヤル

ウェブハウジングの pick up コンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ

web housing 自分で設える理想の家

お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方


1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)

アイフルホームの完全規格化住宅

間取りを限定することにより、プランニング、発注業務などを効率化。設計・積算の合理化によりコストダウンを実現。『i-Prime7』は1000万円以下からの基本本体価格となっています。(基本本体価格。税抜、標準仕様の場合)※1
i-Prime7が700万円台を実現できた7つの理由


※1 施工地域やプランにより価格が異なります。価格には、アレンジ工事・外構費用・屋外工事(電気、給排水、ガス)・地盤調査費用・家具・カーテン・照明・家電その他諸経費等は含まれておりません。


アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細

アイフルホームの性能

安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能


バーチャル展示場

バーチャル展示場

3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場


ネット限定住宅が建築可能な地域

対象エリア

i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア


住宅ローンのシミュレーション

資金計画シミュレーション

住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


土地探しならアイフルホーム土地情報

土地探しをサポート

「アイフルホーム土地情報」では、基本的にはアイフルホームで建築可能な住宅用の土地に限定した不動産情報を掲載しています。 だから、アイフルホームで建築可能な土地の物件探しがカンタンにできます。
土地をお探しならこちら



ページ上部へ



  • HOME
  • web housingとは?
  • 商品紹介 i-Prime7
  • 品質と保証システム
  • はじめての家づくりガイド
  • インフォメーション

クイックメニュー