安全な土地選びのポイントは?不同沈下の原因や地盤調査の必要性について

文字の大きさ

安全な土地選びのポイントは?不同沈下の原因や地盤調査の必要性について

安全な土地選び

家を建てる土地を探す際の条件といえば、「立地や周辺環境が良いこと」「予算に見合った価格であること」「地盤がしっかりしていること」などがあげられます。家を建てるなら、地盤の安全性はしっかり確認しておきたいものです。そこで今回は、安全な土地選びのポイントに着目し、家が傾きを起こす不同沈下の原因、地盤調査の必要性についてご説明します。

安全な土地選びのポイント

住まいの安全性を考えるなら、地盤の安定した土地を選ぶことが大切です。

地盤の弱い土地に家を建てた場合、年月を経て家が傾いてくる可能性があります。家が傾いてくると、外壁のひび割れやドアの開閉不良などを起こしかねません。さらに、めまいなどの体調不良や、使い勝手の悪さが原因でケガをするといった、健康被害の発生も懸念されます。

このような事態を防止するために、強固な地盤の土地を選び、安心して暮らせる家を建てましょう。地盤がしっかりしていれば、万が一地震などの災害に見舞われた際にも、崩壊などの大きな被害を受けるリスクを減らせるでしょう。

家が傾きを起こす「不同沈下」の原因とは

不同沈下の原因地盤の弱い土地に家を建てたことで、家がふぞろいに傾いてくる現象を「不同沈下」といいます。不同沈下が起こる主な原因は、以下の3つです。


荷重に偏りがある

不同沈下の原因の1つとして、片側に荷重が偏ってしまうケースが考えられます。地盤の弱い土地に家を建てた場合でも、均等に荷重が掛かれば安定します。しかし、重さの配分に大きく偏りがあると地盤の一部分が沈み、家の傾きにつながってしまうのです。


盛土の転圧が足りない

もともとの土地に傾斜やおうとつがある場合、家の基礎を作る前に土地を平坦に整地します。整地する際に土を盛る、盛土を施しただけの土地は強度が足りないため、「転圧」という土を締め固めて強化する作業を必ず実施します。
しかし、この転圧作業がじゅうぶんに行われていないと、地盤の一部分の強度が劣り、不同沈下を起こす可能性があるのです。


盛土と切土が混在している

傾斜地や山を切り崩して平らな土地が作られることがあります。
表面からは同様の地盤に見えても、土の中では盛土と切土が混在している状態です。地盤改良を行わないまま盛土と切土が混在した土地に家を建てた場合、地盤の強度に差が出てしまい、不同沈下の原因となります。

地盤調査が必要な理由とは

「ここに家を建てたい」と思う土地が見つかり、実際に家を建てるとなったら、地盤調査を必ず行いましょう。
なぜ地盤調査が必要なのかを、以下にまとめました。


災害時の危険を回避する

地盤調査土地の状態を目で見ただけでは、地盤そのものがどのような状態かを知ることはできません。だからこそ、地盤調査を行い専門家に判断してもらうことが大切です。

また、最初は異常がなくても年月を経て傾きが生じてくることもあります。
地盤の異常に気付く前に災害が起これば、危険にさらされる可能性もあるため、地盤調査の実施は大変重要なのです。

コスト面での負担を抑える

家を建ててから地盤の異常に気付いて改修する場合、コストが高くついてしまいます。

また、地盤調査の段階で地盤の弱い土地であることがわかったとしても、補強や改良工事などを施すことにより、安全な家づくりができます。
家を建てる前に地盤調査を行っていれば、補強工事の費用も考慮したうえで、建築プランを組むことができるのです。

おわりに

今回は、安全な土地選びのポイントについてご紹介しました。
日本は地震や豪雨などの自然災害が多い国であり、地盤の弱い土地は多いといえます。安心して暮らせる住まいを手に入れるには、地盤に関する正しい知識が必要です。家を建てる土地を選ぶ際には、立地や周辺環境のみならず、不同沈下や災害時にも耐えられる地盤かどうかもよく検討して決めるようにしましょう。

土地探しから家づくりを検討する方へのおすすめコンテンツ

土地購入ガイド

アイフルホーム土地情報

「アイフルホーム土地情報」では、アイフルホームで建築可能(※1)な最新の住宅用地の不動産情報をインターネットで探せるので、不動産屋さんの店頭を廻る手間や面倒を軽減できます。
また、ご建築予定の地域や駅名から条件を絞ってカンタンに探せます。

アイフルホーム土地情報 ※1 家を建てる際の施工会社が予め指定されている事を条件として売買される「建築条件付き」の土地は掲載されておりませんが、アイフルホームの店舗で対応が出来ない地域の物件やアイフルホームで建築法規上、建築が出来ない場合がある物件が含まれておりますので、予めご了承ください。
  • 住宅用地のみ
  • 随時更新される
    最新の物件情報!

アイフルホーム加盟店によっては、「アイフルホーム土地情報」に掲載のない土地情報を保有している場合もありますので、各アイフルホーム加盟店のホームページ等も併せてご確認ください。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

フリーダイヤル

ウェブハウジングの pick up コンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ

web housing 自分で設える理想の家

お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方


1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)

アイフルホームの完全規格化住宅

間取りを限定することにより、プランニング、発注業務などを効率化。設計・積算の合理化によりコストダウンを実現。『i-Prime7』は1000万円以下からの基本本体価格となっています。(基本本体価格。税抜、標準仕様の場合)※1
i-Prime7が700万円台を実現できた7つの理由


※1 施工地域やプランにより価格が異なります。価格には、アレンジ工事・外構費用・屋外工事(電気、給排水、ガス)・地盤調査費用・家具・カーテン・照明・家電その他諸経費等は含まれておりません。


アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細

アイフルホームの性能

安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能


バーチャル展示場

バーチャル展示場

3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場


ネット限定住宅が建築可能な地域

対象エリア

i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア


住宅ローンのシミュレーション

資金計画シミュレーション

住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


土地探しならアイフルホーム土地情報

土地探しをサポート

「アイフルホーム土地情報」では、基本的にはアイフルホームで建築可能な住宅用の土地に限定した不動産情報を掲載しています。 だから、アイフルホームで建築可能な土地の物件探しがカンタンにできます。
土地をお探しならこちら



ページ上部へ



  • HOME
  • web housingとは?
  • 商品紹介 i-Prime7
  • 品質と保証システム
  • はじめての家づくりガイド
  • インフォメーション

クイックメニュー