インターネットでの土地探しのコツは?土地物件情報の見方をご紹介

文字の大きさ

インターネットでの土地探しのコツは?土地物件情報の見方をご紹介

インターネットで土地探し

戸建ての建築を検討している場合、まずは土地探しから始めなければなりません。インターネットにはたくさんの土地情報が掲載されており、気軽に土地探しをすることが可能です。
しかし、気軽に土地探しができるとはいえ、実際はどのように探したら良いか分からず、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、インターネットを活用した土地探しのコツをご紹介します。

土地情報サイトの特徴を知ろう

土地情報サイト土地情報が掲載されているサイトは主に2種類あります。土地を探す際には、まず各サイトの特徴をおさえておくと良いでしょう。

不動産ポータルサイト

不動産ポータルサイトでは、複数の不動産会社の土地や物件が、まとめて検索できます。
ポータルサイトは情報量が多く、希望条件に合った土地が見つかりやすい点がメリットです。

不動産会社のサイト

もう1つは、不動産会社が直接運営しているサイトです。
もし、家を建てたいエリアがある程度決まっている場合は、地元密着型の不動産会社のホームページを見てみましょう。そのエリアに特化した詳しい情報を得ることができます。

サイトの検索機能を活用しよう

各サイトに設けられている「検索機能」を活用することにより、希望に合った物件がより探しやすくなります。
まず検索条件に、地域・地区、土地の広さ、価格帯などの基本条件を入力して調べてみましょう。

次に、「こだわり検索」などの名称で設けられている詳細検索を利用してみましょう。
「小学校へ徒歩10分以内」「南道路向き」「複数路線利用可」など、希望が多くある条件があらかじめ選択肢として用意されています。選んだ条件すべてにチェックを入れて検索を行えば、より希望に近い土地を見つけやすいでしょう。

「どんな土地が良いのかまだ決めきれていない」という方も、一度検索機能を使用してみてください。自分の希望がより明確になり、土地探しがしやすくなるかもしれません。
また、土地探しから建築までの家づくりの流れをシミュレーションできるサービスを提供している、ハウスメーカーのサイトもあります。

ただし、インターネット上の情報だけで土地を決めてしまうのは避けましょう。実際の状態とサイト上のイメージは、必ずしも同じとは限りません。やはり最終的には、その土地に足を運び、目で見て確かめることが大切です。

土地物件情報の見方を知っておこう

土地の情報には専門用語も多く、不動産について詳しくなければ見てもよく分からないと感じる方もいるでしょう。以下の不動産用語やその意味を覚えておくと、土地情報の理解が深まるはずです。

建ぺい率・容積率

土地物件情報の見方 建ぺい率とは、土地全体の面積に対する建築面積の割合を指します。また容積率とは、土地全体の面積に対して建物の延べ床面積がどれくらいになるかの割合です。
いずれも上限ですから、「建ぺい率・容積率以内の面積」を守って建築計画を立てることになります。

接道

その土地がどのような道路に接しているかを指します。例えば、「南側、幅員5.5m県道へ接道」と掲載されている場合は、「土地の南にある幅5.5mの県道に隣接している」と解釈しましょう。

住宅を建築する際には、幅員4m以上の道路に敷地が2m以上接していることが必要です。しかし、接する道路の幅員が4m未満の場合は、原則的には、道幅の中央から2m離れた位置が道路の境界線とみなされます(いわゆる「みなし道路」または「法42条2項道路」)。
この場合、将来的に4mの道路の幅員を確保する為、建物を後退(「セットバック」)して建てなければなりませんので、注意が必要です。

建築条件付き土地

「建築条件」とは、「土地の売り主が指定する建築業者に依頼し、定められた期間内に契約を締結する」という条件を指します。あらかじめ建築業者と契約期間が指定されており、それを条件に販売される土地のことです。
この場合、事情があって契約できないまま期限を過ぎてしまったり、そもそも契約しなかったりした場合、土地購入は白紙に戻ります。

おわりに

今回は、インターネットで土地を探すときに試したい検索のコツや、物件情報の見方についてご紹介しました。もちろん、最終的には土地を実際に見て決めることが一番ですが、インターネットを上手に活用して選択肢を把握することも大切です。まずは気軽にインターネットで土地の情報を調べてみてはいかがでしょうか。

土地探しから家づくりを検討する方へのおすすめコンテンツ

土地購入ガイド

アイフルホーム土地情報

「アイフルホーム土地情報」では、アイフルホームで建築可能(※1)な最新の住宅用地の不動産情報をインターネットで探せるので、不動産屋さんの店頭を廻る手間や面倒を軽減できます。
また、ご建築予定の地域や駅名から条件を絞ってカンタンに探せます。

アイフルホーム土地情報 ※1 家を建てる際の施工会社が予め指定されている事を条件として売買される「建築条件付き」の土地は掲載されておりませんが、アイフルホームの店舗で対応が出来ない地域の物件やアイフルホームで建築法規上、建築が出来ない場合がある物件が含まれておりますので、予めご了承ください。
  • 住宅用地のみ
  • 随時更新される
    最新の物件情報!

アイフルホーム加盟店よっては、「アイフルホーム土地情報」に掲載のない土地情報を保有している場合もありますので、各アイフルホーム加盟店のホームページ等も併せてご確認ください。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

フリーダイヤル

ウェブハウジングの pick up コンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ

web housing 自分で設える理想の家

お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方


1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)

アイフルホームの完全規格化住宅

間取りを限定することにより、プランニング、発注業務などを効率化。設計・積算の合理化によりコストダウンを実現。『i-Prime7』は1000万円以下からの基本本体価格となっています。(基本本体価格。税抜、標準仕様の場合)※1
i-Prime7が700万円台を実現できた7つの理由


※1 施工地域やプランにより価格が異なります。価格には、アレンジ工事・外構費用・屋外工事(電気、給排水、ガス)・地盤調査費用・家具・カーテン・照明・家電その他諸経費等は含まれておりません。


アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細

アイフルホームの性能

安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能


バーチャル展示場

バーチャル展示場

3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場


ネット限定住宅が建築可能な地域

対象エリア

i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア


住宅ローンのシミュレーション

資金計画シミュレーション

住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


土地探しならアイフルホーム土地情報

土地探しをサポート

「アイフルホーム土地情報」では、基本的にはアイフルホームで建築可能な住宅用の土地に限定した不動産情報を掲載しています。 だから、アイフルホームで建築可能な土地の物件探しがカンタンにできます。
土地をお探しならこちら



ページ上部へ



  • HOME
  • web housingとは?
  • 商品紹介 i-Prime7
  • 品質と保証システム
  • はじめての家づくりガイド
  • インフォメーション

クイックメニュー