角地緩和って何?建ぺい率の計算方法や緩和の条件をチェック

文字の大きさ

角地緩和って何?建ぺい率の計算方法や緩和の条件をチェック

建ぺい率

家を建てる際には、さまざまな法令を守らなければなりません。適用される法令によっては家を建てる条件にも影響があるため、土地選びの段階で法規制についてしっかりと確認する必要があります。
「建ぺい率」は家を建てる際に重要となる法規制ですが、条件によっては緩和されるケースもあります。今回は建ぺい率の計算方法や緩和の条件についてご紹介します。

建ぺい率の上限が設けられる理由

建ぺい率の上限建ぺい率とは、敷地面積に対して建物の建築面積が占める割合を指します。
敷地内に一定の空間を確保することで日当たりや風通しが遮られることを避ける、または近隣で火災が起きた際にもらい火を防ぐことなどが、建ぺい率の上限を定めている主な目的です。
建ぺい率は、基本的には都市計画によって指定された用途地域ごとに上限が定められています。ただし、地区計画によりさらに細かな規定がある場合もあるため注意してください。

建ぺい率の計算方法

建ぺい率は、以下の計算方法で算出できます。

建ぺい率=建築面積÷敷地面積

建ぺい率の上限が分かれば、希望する建物の最大面積を調べることができます。


【例1:120平方メートルの土地の建ぺい率が60%の場合】

120平方メートル×60%=最大面積72平方メートルの建物が建築可能

また、1つの土地が複数の用途地域にまたがっており、それぞれの建ぺい率の上限が異なるケースもまれにあります。その場合は計算式が少し複雑になりますが、考え方は同じです。


【例2:120平方メートルの土地の90平方メートルが建ぺい率40%、30平方メートルが建ぺい率60%の場合】

90平方メートル×40%+30平方メートル×60%=最大面積54平方メートルの建物が建築可能

角地緩和とは?建ぺい率が緩和される条件

建ぺい率は建築基準法第53条に規定されています。同条の3項2号に街区の角地又はこれに準ずる敷地で「特定行政庁が指定するもの」の場合に、建ぺい率の上限が緩和される「角地緩和」と呼ばれる条件が適用されるケースがあります。
「角地緩和」が当てはまる土地は、主に以下の3つです。


街区の角にある敷地

角地緩和 土地が角地(道の交差点に面した場所)にあたる場合は、建ぺい率の上限が緩和されることがあります(10%加算)。

ただし、特定行政庁ごとに街区の角地に指定されている条件に適合する場合に限られるため、角地であるからといって必ず緩和されるとは限りません。

道路にはさまれた土地

交差点に面しているという意味での「角地」ではありませんが、土地の両側に道路が面している場合は角地扱いとなり、建ぺい率の上限が緩和されることがあります(10%加算)。ただしこのケースも、特定行政庁ごとに指定されている場合に限られます。

公園、広場、河川などに接する土地

敷地が面している道路が1本だけでも、公園や広場、河川などに別途面している土地である場合は、角地と同等とみなされ建ぺい率の上限が緩和されることがあります(10%加算)。ただし、他のケースと同じく特定行政庁ごとに指定がある場合に当てはまります。

加算される建ぺい率や緩和条件の詳細は、各地方自治体によって異なります。今回ご紹介した条件に当てはまっても、自治体の規定や判断によってはこの通りに緩和されるとは限りません。詳しくは、土地が所在する自治体の建築指導課に確認しましょう。

おわりに

今回は、家を建てる際に設けられている「建ぺい率」の上限について、また、その算出方法や例外的なケースについてご紹介しました。しかし、「この土地の建ぺい率は何%だから、何平方メートルの建物まで大丈夫」と高を括るのは禁物です。他の法令の制限などで、実はもっと狭い家しか建たない土地だったと後で分かれば、後悔も大きくなるでしょう。まずは土地購入計画の段階から、正確なリサーチを行い家づくりの計画を立てることが重要です。

※平成30年3月現在の情報となります。

土地探しから家づくりを検討する方へのおすすめコンテンツ

土地購入ガイド

アイフルホーム土地情報

「アイフルホーム土地情報」は全国の宅地・分譲地の土地情報を探せる、住宅用土地の不動産物件情報サイトです。「アイフルホーム土地情報」では、アイフルホームで建築可能(※1)な最新の住宅用地の不動産情報をインターネットで探せるので、不動産屋さんの店頭を廻る手間や面倒を軽減できます。また、ご建築予定の地域や駅名から条件を絞ってカンタンに探せます。

※1 家を建てる際の施工会社が予め指定されている事を条件として売買される「建築条件付き」の土地はサイトに掲載されておりませんが、アイフルホームの店舗で対応が出来ない地域の物件やアイフルホームで建築法規上、建築が出来ない場合がある物件が含まれておりますので、予めご了承ください。

※「アイフルホーム土地情報」では、全国の不動産情報を掲載しておりますが、web housingでの家づくりが対応可能となっている「対象エリア」の範囲外の地域の不動産物件情報も表示されております。都道府県別の対応状況の概要は「土地探し」をご覧ください。

  • 住宅用地のみ
  • 随時更新される
    最新の物件情報!

アイフルホーム加盟店によっては、「アイフルホーム土地情報」に掲載のない土地情報を保有している場合もありますので、各アイフルホーム加盟店のホームページ等も併せてご確認ください。

「アイフルホーム土地情報」サイトに掲載されている物件情報は、「アットホーム不動産情報ネットワーク」に加盟する不動産会社等(情報提供元)から提供されています。信頼性の高い情報提供が行えるよう、最大限の努力をしておりますが、その内容を保証するものではありません。
土地のお取引等(お取引の準備、資金調達等を含みます)の際には、内容や契約条件等について、各情報提供元より十分な説明を受け、ご自身でご確認の上、判断してください。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

フリーダイヤル

ウェブハウジングの pick up コンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ

web housing 自分で設える理想の家

お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方


1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)

アイフルホームの完全規格化住宅

間取りを限定することにより、プランニング、発注業務などを効率化。設計・積算の合理化によりコストダウンを実現。『i-Prime7』は1000万円以下からの基本本体価格となっています。(基本本体価格。税抜、標準仕様の場合)※1
i-Prime7が700万円台を実現できた7つの理由 ※1 施工地域やプランにより価格が異なります。


アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細

アイフルホームの性能

安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能


バーチャル展示場

バーチャル展示場

3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場


ネット限定住宅が建築可能な地域

対象エリア

i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア


住宅ローンのシミュレーション

資金計画シミュレーション

住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


土地探しならアイフルホーム土地情報

土地探しをサポート

「アイフルホーム土地情報」では、基本的にはアイフルホームで建築可能な住宅用の土地に限定した不動産情報を掲載しています。 だから、アイフルホームで建築可能な土地の物件探しがカンタンにできます。
土地をお探しならこちら



ページ上部へ



  • HOME
  • web housingとは?
  • 商品紹介 i-Prime7
  • 品質と保証システム
  • はじめての家づくりガイド
  • インフォメーション

クイックメニュー