土地購入前に知っておきたい、家を建てる際の規制や注意点とは

文字の大きさ

土地購入前に知っておきたい、家を建てる際の規制や注意点とは

家を建てる際の規制や注意点

希望通りの広さの土地を購入したのに、法規制によりイメージ通りの大きさ・広さの家を建てられなかったというケースは、意外と少なくありません。土地の購入を検討している場合は、土地に関する規制や法律上の制限事項を把握しておくと安心でしょう。
そこで今回は、土地を購入して家を建てる際の規制や注意点についてご紹介します。

土地を購入する前に注意したい点

都市計画図を確認ここに家を建てたい!という希望の土地が決まったら、土地が所在する自治体の役所に出向く、もしくは自治体のホームページで、該当する地域の「都市計画図」を確認しましょう。
家はどこにでも自由に建てて良いわけではありません。建てて良い場所とそうでない場所が都市計画によって決まっています。
都市計画図を参照し、希望する土地が以下のいずれの地域にあるかを確かめてください。

【市街化区域】
今後も継続的に都市開発を進める予定がされている区域を指します。
【市街化調整区域】
今後の都市開発が予定されていない区域を指します。
【非線引区域】
「市街化区域」・「市街化調整区域」の区域区分が定められていない都市計画区域。

もし検討中の土地が「市街化調整区域」に該当する場合は、基本的には新規で住宅を建築することが認められていないため、候補地を変える必要があります。

また、都市計画図を確認することで、これから建てる家の種別や構造、高さなどに制限が設けられているかどうかも分かります。
もし、候補地に建物に関する制限事項が設けられている場合は、その規制にしたがって建築プランを立てなければなりません。
住宅会社に家づくりを相談した場合には、住宅会社は候補地に適用される法規制を調べた上でプランニングしてくれますが、どんな法規制があるのか予めポイントを押さえておきましょう。

家づくりに関する法規制を知ろう

家を建てる際には、さまざまな法律を守らなければなりません。家づくりに関係する法律の代表的なものは「建築基準法」と「都市計画法」ですが、その他にも「都道府県建築安全条例」に関する取り決めがあれば、その条例を守る必要があります。
ここでは、土地に関係するさまざまな法規制の概要について解説します。


【建ぺい率】

建ぺい率とは、「敷地全体面積の何割を建物の面積に充てられるか」を示しています。例えば、建ぺい率が55%の場合、100平方メートルの土地に建てられる1階部分の面積(建築面積)の上限は「55平方メートル」で、それ以上広い面積で家を建てることは法令違反となります。


【容積率】

容積率は「敷地に建てることが可能な建物の延べ床面積を割合で示したもの」です。つまり、すべての床面積の合計が容積率となります。
例えば、容積率80%と定められている120平方メートルの土地に2階建ての家を建てる場合、1階+2階の床面積を合わせて「96平方メートル」が上限です。


【斜線制限】

建物の高さに関する制限で、主に隣接している土地の日照や風通しを遮らないために配慮されています。
数ある斜線制限の中でも、住宅の場合は「北側斜線制限」と「道路斜線制限」が深く関わってきます。

北側斜線制限

北側に面する隣地や道路の日照悪化を防ぐための建物の高さ制限が、北側斜線制限です。「第1種・第2種低層住居専用地域」および「第1種・第2種中高層住居専用地域」に適用され、その他の地域では適用されません。
北側斜線制限が適用されている場合は、家を建てる高さに制限があります。

道路斜線制限

道路斜線制限とは、建物に面する道路の日照や風通しを守るための高さ制限のこと。定められた斜線内に建物を納める必要があります。道路斜線制限はほとんどの地域で適用されるでしょう。


【道路に関する規制】

接道義務

接道義務 住宅を建築するには、幅員4m以上の道路に敷地が2m以上接していることが必要であるという規制です。
なお、接する道路の幅員が4m未満の場合は、道幅の中央から2m離れた位置が敷地との境界線とみなされます。

私道負担

敷地内に私道が含まれている場合、その私道部分を私道負担といいます。私道負担の部分には、住宅を建てることはできません。
トラブルを防ぐため、私道負担がある場合は土地購入の前に不動産会社や土地の売り主からきちんと説明を受ける必要があります。

おわりに

今回は、土地を購入して家を建てる場合に覚えておきたい、家づくりや土地に関する法規制について概要をご紹介しました。今回概要をご紹介した法規制にも、緩和される条件があったり、今回ご紹介していない他の法令の制限を受けたりする場合があります。
「どのくらいの広さの家を建てたいか」の構想がまとまったら、それに見合う面積で土地を探すだけでなく、各土地に規定された建ぺい率や容積率、高さや道路の規制についても必ず事前に確認しておきましょう。

土地探しから家づくりを検討する方へのおすすめコンテンツ

土地購入ガイド

アイフルホーム土地情報

「アイフルホーム土地情報」では、アイフルホームで建築可能(※1)な最新の住宅用地の不動産情報をインターネットで探せるので、不動産屋さんの店頭を廻る手間や面倒を軽減できます。
また、ご建築予定の地域や駅名から条件を絞ってカンタンに探せます。

アイフルホーム土地情報 ※1 家を建てる際の施工会社が予め指定されている事を条件として売買される「建築条件付き」の土地は掲載されておりませんが、アイフルホームの店舗で対応が出来ない地域の物件やアイフルホームで建築法規上、建築が出来ない場合がある物件が含まれておりますので、予めご了承ください。
  • 住宅用地のみ
  • 随時更新される
    最新の物件情報!

アイフルホーム加盟店によっては、「アイフルホーム土地情報」に掲載のない土地情報を保有している場合もありますので、各アイフルホーム加盟店のホームページ等も併せてご確認ください。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

フリーダイヤル

ウェブハウジングの pick up コンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ

web housing 自分で設える理想の家

お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方


1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)

アイフルホームの完全規格化住宅

間取りを限定することにより、プランニング、発注業務などを効率化。設計・積算の合理化によりコストダウンを実現。『i-Prime7』は1000万円以下からの基本本体価格となっています。(基本本体価格。税抜、標準仕様の場合)※1
i-Prime7が700万円台を実現できた7つの理由


※1 施工地域やプランにより価格が異なります。価格には、アレンジ工事・外構費用・屋外工事(電気、給排水、ガス)・地盤調査費用・家具・カーテン・照明・家電その他諸経費等は含まれておりません。


アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細

アイフルホームの性能

安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能


バーチャル展示場

バーチャル展示場

3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場


ネット限定住宅が建築可能な地域

対象エリア

i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア


住宅ローンのシミュレーション

資金計画シミュレーション

住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


土地探しならアイフルホーム土地情報

土地探しをサポート

「アイフルホーム土地情報」では、基本的にはアイフルホームで建築可能な住宅用の土地に限定した不動産情報を掲載しています。 だから、アイフルホームで建築可能な土地の物件探しがカンタンにできます。
土地をお探しならこちら



ページ上部へ



  • HOME
  • web housingとは?
  • 商品紹介 i-Prime7
  • 品質と保証システム
  • はじめての家づくりガイド
  • インフォメーション

クイックメニュー