文字の大きさ

おしゃれな家を建てる際に知っておくべき外観や内装、注意点とは?

2021.03.15

おしゃれな家

おしゃれな家が欲しいと思う方は多いと思います。最近では、自分好みにカスタムした、オリジナリティのある家を希望する方も多いのではないでしょうか。今回は、おしゃれな家を建築する際に知っておくべき外観や内装の注意点を解説していきます。今回の記事を参考におしゃれな家について考えてはいかがでしょうか。

おしゃれな家の外観とは?

家の第一印象を左右するのは、外観です。広い庭やガレージがなくても、外観にこだわるだけで、おしゃれな家に仕上げることができます。
「あ、おしゃれな家!」と印象付けられる家にするには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。オリジナリティあふれる住宅にするために押さえておきたいポイントやコツについてご紹介します。

窓の位置

窓は、外観に個性的なアクセントを付けられる重要なポイントです。外観をおしゃれにするなら、窓の種類や位置にこだわりましょう。人目に付きやすい正面に引き違い窓を設置するとありきたりになってしまいますが、格子の上げ下げ窓や、高窓、地窓を取り入れるとおしゃれな印象を与えられます。光や風を取り込む窓ですが、形状や素材にこだわると、より一層オリジナリティを感じさせる外観になるでしょう。
窓には家の中と外を繋ぐ役割がありますので、内装デザインもあわせて検討して、内装デザインとのバランスを意識することもポイントです。

玄関のデザインにこだわる

おしゃれな窓と玄関

家の顔となる玄関のデザインは、注文住宅を建築するなら特にこだわりたい部分です。一般的にはシンプルなデザインの片開きや片引きが多く採用されていますが、荷物の出し入れに便利な親子開き、リッチな印象を与えられる両開きもあります。玄関は開き方によって使い勝手が大きく異なりますので、生活スタイルや家族構成を考慮して選びましょう。
シンプルなデザインの玄関でも、玄関扉のカラーや素材にこだわりを持って選ぶと、おしゃれな家に近づきます。
また、単体としてではなく家全体の中の玄関として考えることも重要です。例えば正面から見た場合の二階部分との見た目のバランスにも、気を付けたいところです。

ベランダの作り

あまり深く考えずに設計されがちなベランダですが、外から見て目立つ部分だけに、この部分に失敗するとおしゃれな家から遠ざかってしまいます。
ベランダは外観の重要な要素である「家の形」に深く関係しています。その他、素材や色の面でも影響が大きいのはお分かりいただけると思います。ベランダが原因で見栄えが悪くなる大きな要因は、上下階で窓の位置が不揃いになり、デザインの観点から統一感が失われてしまうことです。また、外壁から付き出している大きな部分に重厚な素材が使用されることで、重さを感じさせてしまうのもマイナス要因となります。
おしゃれな家にするには、上下階の窓のラインを合わせるのがポイントです。素材で見た目の重さを解消する方法としては、ベランダ外側の壁の部分を格子状のスチールや透明感のあるポリカーボネートで開放的にする、あるいは木製にして軽さやナチュラル感を出すなども有効です。
ベランダが住宅の正面に来るのが一般的な作りですが、バランスを考えてどこに作るかも大事になります。

外壁や屋根の色

外壁や屋根の色を工夫することは、おしゃれな家、オリジナリティ溢れる家にするためにとても効果的です。シンプルな形状の建築デザインでも、外壁や屋根の色にこだわることで、十分オリジナル性を発揮できます。
石材や木材の色を生かした和モダンスタイル、白×黒のモノトーンを基調としたスタイリッシュスタイル、ベージュの壁面にレンガタイルを合わせた北欧スタイルなど、色や素材によって人に与える印象は大きく変わります。
まずはデザインテイストを定めてから、具体的な配色や素材を決めていきましょう。色彩の自由度は無限大であり、それを最大限生かせるのが注文住宅におけるメリットでもあります。ご自身やご家族のライフスタイルをイメージし、その家だけの「らしさ」を実現しましょう。

おしゃれな家の内装とは?

おしゃれなリビング

家の内装がおしゃれだと、毎日の暮らしはずっと豊かなものになります。内装は個々のオリジナル性を出しやすいポイントでもありますので、こだわりを取り入れようとお考えの方も多いでしょう。「らしさ」におしゃれ感を追加するには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。
住み心地を維持しながら、おしゃれな空間に仕上げるポイントや工夫点についてご紹介します。

家の中心となるリビングにはこだわる

おしゃれな注文住宅を建てるなら、家の中心となるリビングの作りにこだわりましょう。リビングは過ごす時間が最も長く、人を招いたり、お客様を迎える場所でもあるため、この部屋がおしゃれに仕上がれば暮らしの満足度がグッと高まります。
また、デザインイメージをしやすいリビングから設計していくことで、デザインテイストが統一され、家全体がまとまりやすくなるというメリットもあります。子供部屋や和室にアクセントカラーを入れる場合も、リビングのベースカラーを元にデザインすれば、チグハグになることはありません。床や壁の色、素材はもちろん、廻り縁(壁の天井面に貼る横板)や巾木(壁の床面に貼る横板)の色にもこだわって施工するとオリジナル感がアップするでしょう。

照明を駆使する

照明テクニックは、おしゃれな家に欠かせないポイントです。内装をデザインするときは照明での雰囲気づくりにもこだわりましょう。
部屋全体を明るく照らすとチープな印象になってしまいますが、光と影を作り出すことで空間に奥行きが生まれ、高級感を出すことができます。吊り下げ式と天井埋め込み式の他に、インテリアグッズを照らすアクセント照明を置くなど、主照明と補助照明を組み合わせると良いでしょう。照明にかぶせるシェードにこだわるとテイストが統一されやすくなります。

家具や絵などを置く

間取りにこだわっても、そこに置く家具やインテリア小物がチープですと、おしゃれな雰囲気を演出できません。ソファやダイニングテーブルなど、部屋に入って目につきやすい家具をこだわって選ぶと、見栄えの良い内装に仕上げられます。殺風景な印象にならないよう、デザインテイストに合わせた絵やポスターなどのアート作品をポイントに飾ったり、観葉植物やフェイクグリーンを飾るのもおすすめです。

キッチンや収納で清潔感を出す

アイテムが多く、散らかりやすいキッチンでは、収納スぺースを工夫すると開放的で清潔感を出すことができます。食器や調理器具、キッチン家電などを一度に仕舞える、壁面収納やパントリーのスペースを確保すると良いでしょう。
使う時は引き戸をオープンに、使わないときは全てを収納してクローズできるため、清潔感がありながら、使い心地もキープできます。特にリビングから開放的に見えるオープンキッチンをデザインする場合は、デザイン性の高いものは見せる、生活感のあるものは隠すなどして、メリハリを持たせることが大切です。

おわりに

おしゃれな注文住宅は家の形や間取りだけでなく、外観や内装デザインによって作られます。新築する時に全てにこだわることができなくても、ご紹介したポイントを押さえるだけで住まいに洗練された印象を与えることができます。信頼できるハウスメーカーと相談し、「らしさ」を随所に取り入れた満足いく家をつくりましょう。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!