文字の大きさ

リビング階段でおしゃれに。メリット・デメリットは?

2019.08.08

リビング階段

家族が家の中で顔を合わせる機会を増やすなどの目的で、近年人気のある「リビング階段」。従来は玄関の前や廊下に設置していた階段を、あえてリビングに設ける方法です。特に小さな子どもがいる家などで、「我が家も新築するならリビング階段に」と検討されている方も多いのでは?
そこで今回の記事では、リビングに階段を設けることのメリットやデメリットについてご紹介します。

リビング階段のメリット

リビング階段のイメージ

リビングに階段がある家は「今風」「おしゃれ」などのイメージを持つ方も多いはず。しかし実際にリビング階段がある間取りで暮らすことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

部屋が広く見える

リビングに階段という大型の構造物があると、圧迫感を覚えそうな気がしますね。しかし、階段の選び方次第でぐんと開放感を出すことができます。
「オープン階段」「スケルトン階段」と呼ばれる、踏み板の向こうが透けて見えるタイプの階段を採用すれば、階段があっても階段スペースが吹き抜けにもなり、上部にも空間が広がるので、リビングを広々と見せることができます。

階段に光を採り入れられる

リビング階段は採光面が心配という方も、スケルトン階段を選べばリビング全体の光を遮らないため明るくおしゃれな雰囲気の室内を演出できます。せっかくリビングに階段を設置するなら、階段スペースに加えて、リビングの上部を吹き抜けにする方法もおすすめ。天井が高くなり、光を無駄にしない開放的な広い空間を実現できます。

家族同士のコミュニケーションが取りやすい

子どもが学校から帰ってきたときや、外へ遊びに行くときなど、リビングに階段があれば必ずリビングを通って玄関と子ども部屋の間の移動をすることになります。親は子どもの生活や行動がすぐにわかるため、コミュニケーションもとりやすく、安心感があるでしょう。

リビング階段のデメリット

リビングのイメージ

明るさや通気性の確保などにおいて、メリットが多いリビング階段ですが、デメリットもあります。

暖かい空気が上に逃げやすい

暖められた空気は上に昇っていく性質があるため、リビング階段の開口部から暖気が2階へ抜けやすくなります。また、階段を通して冷気が降りてきて、寒いと感じる場合があるかもしれません。冬の暖房効率などに影響する可能性もあるため、吹き抜けに1階と2階の境目にスクリーンを設けたり、階段の上り口や下り口に扉やカーテンなどの仕切りを設けるなどの工夫をして対策をする方もいます。
また、家を建てる段階で断熱性が高い構造の住宅にする方法も有効です。

来客時にくつろげない

お客さまが家に来たときに、リビング階段であれば必ずいったんリビングを通ることになります。家庭生活の中心的な場所であるリビングを通ることになるので、部屋着でのんびりリビングでくつろぎたいときにも、お客さまがリビングを通るとなるとそうはいかなくなるかもしれません。休日にお子様が友人を招いた場合などに生活の様子を不意に見られてしまうかもしれません。

プライバシーを確保しにくいと感じることもある

リビング階段は1階と2階間のコミュニケーションが取りやすくなることを、メリットの項目でご紹介しました。しかしそれは逆に考えると、プライバシーを保ちにくくなる可能性にもつながってきます。家族の顔をできるだけ見たくないようなタイミングでも、顔を合わせざるを得なくなってしまうかもしれません。

リビング階段でおしゃれな空間をつくろう

リビング階段は「寒そう」と思う方は多いかもしれません。しかし、吹き抜けで採光を確保して明るいリビングにしつつ、冷暖房対策をうまく組み合わせればおしゃれで居心地の良い空間を実現できます。
スケルトン階段や、階段下を活用したインテリアなどにこだわることで「カフェのようなリビング空間にしたい」「おしゃれなリビングをお客さまなどにもぜひ見てもらいたい」という方なら、積極的にリビング階段を取り入れるのもおすすめです。

おわりに

今回は、リビング階段がある家のメリットとデメリットについてご紹介しました。リビング階段にはメリットもデメリットもあるため、家を建ててから後悔しないように、ライフスタイルも考慮して導入を検討することがおすすめです。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!