文字の大きさ

勾配天井とは?メリット・デメリットや後悔しないためのポイント!

2021.04.19

勾配天井のリビング

天井を水平ではなく傾斜させた「勾配天井」。通常の天井よりも高さがあり、大きなスペースが生まれることで生まれる開放感は大きな魅力です。しかし、メンテナンスコストや掃除の手間など、デメリットがないわけではありません。
この記事では、勾配天井のメリットやデメリット、後悔しないためのポイントを解説します。

勾配天井の特徴やメリット・デメリットについて

勾配天井のLDK

勾配天井にはさまざまな特徴があり、それゆえのメリット・デメリットもあります。住まいに勾配天井を取り入れるか決めるにあたって、ぜひ押さえておきましょう。

勾配天井とは?

屋根の勾配に合わせて斜めにした天井を「勾配天井」、または「傾斜天井」と言います。通常天井は水平に作られており、天井裏や屋根裏と呼ばれるデッドスペースが発生しますが、天井裏を作らずに吹き抜けのようにするので、勾配天井ではそうしたデッドスペースがありません。
勾配天井は屋根の下の場所にしか設置できないこともあり、平屋や2階のリビングやダイニング、寝室の天井によく用いられます。構造や予算との関係で、部分的に勾配天井にするケースもあります。

魅力あふれる勾配天井のメリット

勾配天井にすると部屋に開放感が生まれ、空間が広く感じられるのは、大きな魅力と言えるでしょう。勾配天井の部屋にはホテルライクな趣があり、飾り梁(化粧梁)などでおしゃれにカスタマイズできる点もポイントです。
また、部屋の高さが増すので通常よりも高い位置に窓を設けられます。高い位置から、まるで天窓のように光を取り入れて部屋全体を明るく照らすことも可能です。窓を高い位置に設ければ、隣に建物があっても室内から空が見えるようにできるかもしれません。
通気性においてもメリットがあり、高い位置に窓を設置すると、部屋の風通しが良くなります。

後悔しないために確認しておくべきデメリット

勾配天井には、天井の高さゆえのデメリットがあります。
特に注意したいのは、メンテナンス費用です。照明の交換、シーリングファンの掃除は定期的に行う必要があります。しかし高いところに設置してしまった場合、自分で行うのは難しく、業者に任せることになるかもしれません。
高い位置に窓を設置している場合は、カーテンを付けるなら電動式にすることが多いですが、故障してしまうと修理が必要です。カーテンを付けないことにしても、窓の掃除をしにくいのは難点と言えるでしょう。

また、天井が高いと、壁紙を貼るためにも室内に足場を設ける必要があるため、建設コストも高くなります。
さらに、天井裏がある一般的な天井に比べて屋根からの熱が直接伝わりやすく、部屋の空間も広い分、空調にかかる費用も上がるでしょう。

勾配天井で後悔をしないためのポイントとは?

勾配天井のリビング

勾配天井にはデメリットもあるとはいえ、後悔しないために工夫できることはいくつもあります。メンテナンス費用や光熱費をどれだけ抑えられるかが、大きなポイントになるでしょう。

照明選び

勾配天井のコストを下げるためには、照明器具の設置箇所や選択が重要です。照明の設置箇所を脚立で届く範囲にすることで、掃除や簡単な部品の付け替えなら自分で行えるようにできるかもしれません。
業者に修理を依頼することになっても、脚立が届く範囲なら足場を組まなくても済みます。
シーリングライトやダウンライトに、すぐに切れないようLED照明を採用するなら、10年程度もたせることができるでしょう。

また、スポットライトやスタンドライトを利用するのも効果的です。必要な部分だけを照らすことで、電気代の削減に繋がります。スポットライトは自分でメンテナンスできる低い高さに留めておけば、業者に依頼する必要もありません。手もとが暗くなる場合には、ペンダントライトやスタンドライトなどと組み合わせることで明るさを確保すると良いでしょう。
照明のコントラストにより、より素敵な空間が出来上がります。

シーリングファンの設置

シーリングファンには、上に溜まりやすい暖かい空気を攪拌して、室内の気温を一定化させる効果があります。冷暖房の効率を改善し、電気代の削減にもつながります。また、空間の広い勾配天井との相性も良く、デザイン性もあるので、おしゃれな雰囲気を演出してくれるでしょう。

メンテナンスを考慮するならば、吊り下げた位置を床から脚立でも届く高さに留めておくことがポイントです。メーカーで指定されている床や壁からの距離は守らなければならないため、製品を選択する際にはその点も意識しましょう。
ファンが回転するので一般的には照明の近くには設置できませんが、照明付きのシーリングファンもあります。

吹き抜けのシーリングファン
シーリングファンの効果とは?夏と冬の効果的な使用方法を紹介!

おわりに

勾配天井には開放感やデザイン性の高さなど、さまざまなメリットや魅力がありますが、メンテナンス費用が高くなりやすいというデメリットもあります。しかし、照明やシーリングファンの選び方次第で、コストをある程度抑えることも可能です。
勾配天井を採用するかを施工予定のハウスメーカーと決める際には、プランニングをするときに今回ご紹介した点をよく検討して、家を新築してから後悔のないようにしましょう。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!