文字の大きさ
- +

パントリーとは?メリット・デメリットや設置場所、注意点について

2021.03.18

パントリー

一戸建て住宅の建築を考えている方に、パントリーの意味や利用方法などを解説します。今回の記事では、パントリーを設置するとどのようなメリットがあるのか、また、建築の際にあらかじめ注意したい点や、考えておきたいことなどについても紹介します。

パントリーとは?

パントリー

パントリーとは、食品や食器を収納するスペースです。もともとは、ホテルの厨房に隣接した配膳室などを指す言葉でしたが、現代の住宅では、キッチンの周辺に設けた、食料品や食器などの収納場所のことです。ウォークインクローゼットのように独立したスペースを作るケースや、キッチンの一角に収納庫を設置したりするケースがあります。パントリーには、食品や飲み物のストックだけでなく、キッチン用品、災害用保存食の備蓄など何でもしまっておけるため便利な空間です。

パントリーを設置するメリット

パントリーを設置すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。生活に与える影響などについて説明します。

まとめて保管できる

収納スペースが確保されているため、かなりの量の食品ストックをまとめて収納できます。お米や箱買いのペットボトルなど重たくかさばる物も、カップ麺やパスタなどの乾物や缶詰、レトルトなどの保存食も置いておけます。安いときにまとめ買いできれば、家計の節約にもなるでしょう。長期保存可能な食品を多くストックしておけば、仕事や育児などで忙しく買い物に行けないときにも重宝します。また、台風や降雪でなかなか外出できないときや、万一の災害時でも、ある程度の非常食が自宅に保存してあれば、何かと安心です。

食料品の他にも、普段使いしないホットプレートや特殊な鍋、来客用の食器やパーティー用の大皿など、あまり出番のない調理器具や食器などをしまっておけます。何かと乱雑になりがちなキッチンに、新たに収納家具を増やさずにすみます。パントリーに整理整頓して収納できれば、キッチンがすっきり広々と使えるでしょう。家事の際のスムーズな動線も確保でき、調理や後片付けなどの作業も効率よくこなせます。掃除もしやすくいつも清潔にしておけるため、家事も快適にこなせるでしょう。

収納したものを探しやすい

毎日のように使う頻度の高いものと、出番の少ないものを区別して収納できます。棚がオープンになっていればどこに何があるかがひと目で見渡せます。キッチンの収納に無理やり詰め込むこともないため、整理整頓しやすく探す手間が省けます。常備品の残量なども一目瞭然で、無駄な買い物もなくせるでしょう。

パントリーを設置するデメリット

パントリー

パントリーは、状況によってはデメリットとなる場合もあります。設置を検討している方は、心構えとして事前に注意点を理解しておくことをおすすめします。

スペースを確保する必要がある

パントリーを広く設置して収納力を増やせば、さまざまに利用できて便利だろうと考える方も多いでしょう。しかし、広いスペースを確保すれば、そのぶんキッチンが狭くなってしまいます。調理時の動線がスムーズでないと作業がしづらく、毎回ストレスを感じるでしょう。パントリーを優先してキッチンの使い勝手が悪くなるようでは本末転倒です。設置にはキッチンの作業に支障のないスペースの確保が必要です。

パントリーを設置するのに費用がかかる

大きさにもよりますが、設備スペースを増やせばそのぶん棚などの費用もかかります。ウォークインにするなら内装も必要です。家の面積を増やすことも検討しなければならないでしょう。設置する位置や方角によっては間取りに影響が出ることもあります。限られた予算内で希望に見合ったものが作れそうか、じっくり検討する必要があるでしょう。

パントリーの設置場所における注意点

独立型にするのか、調理中に行き来できるようにするのか、一角に棚だけを設えるのかなど、条件次第で作業中の動線に大きく影響します。どのような使い方を想定しているのかによって、規模も広さも違ってきます。

たとえば、大量の食品をまとめ買いしてすぐに収納したいときは、玄関から遠かったりキッチンの奥まで大荷物を抱えて運んだりするのでは、不便と感じてしまうでしょう。勝手口を作るか、双方向から出入りできるようにするなどの工夫が必要です。

また、扉がないオープンのパントリーは行き来するのに便利な反面、場所によってはリビングから丸見えになってしまいます。来客が多いなら扉があったほうが便利です。棚数や奥行きによっても使い勝手は変わってきます。家族構成や保管したいものの適量を考えて、広めのキッチン収納で何とかなりそうか、パントリーを設置する必要があるのか、家族全員が日常的に利用するのかなど、さまざまな視点で考えてみることをおすすめします。また、プロの意見も参考になる部分が多々ありますので相談してみるとよいでしょう。

おわりに

家づくりにかける想いは大きく、あれもこれもとオーダーしたくなる方も多いでしょう。パントリーの設置は、予算内でどう折り合いをつけるかがポイントです。まずは、キッチンの使いやすさを優先したうえで、ライフスタイルにあった家づくりをおすすめします。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!