文字の大きさ

ベタ基礎と布基礎の特徴や違いについて徹底解説!どっちがいいのかを紹介

2021.05.04

ベタ基礎のイメージ

新築一戸建てをお考えなら、住宅の基礎についても学んでおきましょう。基礎とは建物を支える下部構造のことで、住宅の耐久性を大きく左右します。本記事では、主流の構造である「ベタ基礎」と「布基礎」を比較し、それぞれの特徴や見分け方を紹介します。

住宅における基礎とは?

基礎の画像

住宅の基礎は、地面から少し掘り下げて施工されます。建築基準法関連法令で根入れの深さ(地面の高さから基礎の底盤の下端までの距離)や厚みなどが細かく定められています。

基礎に利用される鉄筋コンクリートは、鉄筋を網目状に組み、コンクリートを流し込んでつくる建材です。鉄筋は引張力(ひっぱりりょく)に優れ、熱に弱い性質を持つ一方、コンクリートは圧縮力に優れ、引張に弱い性質を持っています。互いの弱点と特性を補いながら、高い強度を実現しています。

ベタ基礎とは

住宅が建つ床下の全体に、鉄筋コンクリートを流し込んでつくる基礎のことです。現在の日本の住宅では、ベタ基礎が主に採用されています。

建築基準法関連法令(建設省告示第1347号)で定められているベタ基礎の立ち上がり部分は、高さが地上部分で300mm以上、厚さは120mm以上です。底盤の厚さは120mm以上です。また、根入れの深さは原則120mm以上とし、凍結深度よりも深いものとされています。
建物を面で支えるので、地盤が弱い場所や重量のある住宅に適しています。

ベタ基礎のメリット

住宅を面で支える構造なので、耐震性に優れています。そのため、1995年(平成7年)に発生した阪神大震災後にベタ基礎の普及率がアップしました。床下にコンクリートを敷いているので、地中からの湿気が住宅に伝わりにくいため、木材の腐食やシロアリ被害のリスクが低くなるのも特徴です。

ベタ基礎のデメリット

後述する布基礎に比べると、使用する鉄筋コンクリートの量は多くなるので、コストはアップします。
また、「ベタ基礎だから強度が高い」とは必ずしも言い切れません。着目したいのは、使用する鉄筋の量やコンクリートの厚みです。鉄やコンクリートなどの材料費は年々上昇し続けています。コスト削減を目的に、基準値ギリギリにまで鉄筋量やコンクリートの厚みを調整すれば、その分強度は落ちてしまうでしょう。

また、ベタ基礎だからといって、すべての住宅が耐震性に優れているわけではありません。住宅全体の耐震性をバランス良く見る必要があるといえるでしょう。

布基礎とは

布基礎は、古くから日本の家づくりの基礎となってきたものです。断面図で見ると、アルファベットの「T」を逆さにしたような形状になっています。T字の頭の部分である底盤(フーチング)は地面に埋まっているので、コンクリートのラインが間取りのように立ち上がって見えます。

建築基準法関連法令で定められている立ち上がり部分は、ベタ基礎と同様ですが、根入れ深さは地面から240mm以上、底盤厚さは地面から150mm以上です。また、底盤の幅は長期の地盤の許容応力度(地盤が耐えられる荷重)に応じて定められています。

布基礎のメリット

ベタ基礎に比べ使用する建材の量が少ないので、コストを抑えられます。また、布基礎は地面深くに基礎を打ち込むので、場所によってはベタ基礎よりも高い強度が得られる可能性があります。

布基礎のデメリット

面ではなく「点と線」で住宅を支えるため、ベタ基礎に比べ耐震性は劣ります。

湿気とシロアリ対策として、地面が見える場所に防湿・防蟻シートを敷きます。上から薄くコンクリートを流す場合もありますが、その場合の厚みはベタ基礎の半分以下なので、湿気やシロアリ被害のリスクはアップします。

ベタ基礎と布基礎を比較!どっちがいいの?

基礎のイメージ

耐震性重視ならベタ基礎、コスト重視なら布基礎と判断したくなりますが、地域の気候やその他の条件によりベストな選択肢は変わってきます。

コスト面

昔に比べてベタ基礎が普及してきているので、施工費の差額は縮まっていると言われていますので、地盤の地耐力とコストとのバランスも重視しながら、選択してみてください。

ちなみに、北海道など地面が凍結してしまう地域では、布基礎が選ばれます。建築基準法関連法令では、地面が凍る部分よりも深い場所に基礎の下端をつくらなければならず、耐震性が確保できていれば布基礎が良いと判断されるからです。

耐震性

布基礎は根入れを深くしたり、底盤の幅を広くして耐震性を確保しているので、災害に弱いわけではありません。また、耐震性は基礎ばかりではなく、建物全体で耐震性を高めるようにする必要があります。地盤調査はもちろん、近隣住宅の外壁にひび割れ(クラック)が入っていないかなどチェックし、総合的に判断してみてください。

湿気やシロアリ対策

ベタ基礎で湿気対策を行ったとしても、植栽が外壁に年中接していたり、薬剤による防蟻処理が施されていない木材を使用したりしていては意味がありません。

基礎にクラックや不自然な土の道がないか、換気口がふさがれていないかなど定期的なチェックが必要です。

工程・工期

基礎は、ベタ基礎・布基礎のどちらも最初の工程で土を掘り、地面の上に砕石を敷き平らにしてから、捨てコンクリートを打ち、水平にします。鉄筋や型枠を組んでから、コンクリートを流していきます。

ベタ基礎・布基礎で工程や工期に大きな差はありませんので、コストや耐震性を優先にして考えてみましょう。

おわりに

「ベタ基礎」「布基礎」にはそれぞれメリット、デメリットがあります。どちらが必ず良いというものではありませんが、それぞれの特徴をよく検討し、地域性や家を建てる土地の地盤調査をふまえ、自分たちが納得のいく基礎を選びましょう。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!