文字の大きさ

西日対策ってどうすれば良いの?室内と室外のオススメな対応方法を紹介!

2021.03.16

西日のイメージ

ご自宅の西向きの部屋で、夏の西日による暑さに悩まされる方が多いようです。西日対策をしていない部屋と対策をした部屋とでは、夏の快適さが格段に違います。
今回は、西向きの部屋がある家づくりの際に覚えておきたい間取りの工夫や、西日に負けない対策方法をご紹介します。
真夏の西向きの部屋でも、快適に過ごせる環境を手に入れましょう。

アイフルホームの特長  お客様の理想の暮らしを叶えるために、アイフルホームが大切にしている、こだわりとは。

西日対策する理由

西日に対して「暑い、眩しい」などのイメージをお持ちの方もいるでしょう。その影響は立地や窓の大きさによっても左右され、実際に住んでみないとわかりにくいこともあります。特に夏場、西向きの部屋に射し込む西日はかなり強烈で、対策をしないと不快感の原因となるなど、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
まずはどういった悪影響があるのかを確認しましょう。

暑苦しいと感じる可能性がある

西日が入る西向きの部屋は暑いというのが一般的ですが、朝日に比べて夕方の日差しが特に高温になるわけではありません。日の出から一番気温の上がる昼過ぎまでの時間に、地面や空気、建物の屋根や壁、室内などが徐々に温められます。それらのふく射熱に加え、西向きの部屋の室温が上がり熱気がこもると、他の部屋よりも特別暑苦しいと感じることがあります。これは特に、マンションのようなコンクリート製住宅や、熱がこもる二階部分などで顕著になります。

光熱費が高くなる

十分に暑くなった西向きの部屋を使う場合、夏は、エアコンの強運転で一気に室温を下げたくなるでしょう。また、設定温度も他の部屋よりも低い設定で稼働させる人が多いようです。エアコンの設定温度を下げたまま長時間使い続ければ、より多くの電力が必要になり、電気代が高くなりがちです。

床・壁・カーテンの劣化が早くなる

西日が長く当たる部屋は、日光によるダメージを受けやすくなります。西向きの部屋のレースのカーテンは品質によっては劣化が激しくなり、洗濯の際によほど丁寧に洗わないとすぐにボロボロになることもあります。床や壁紙にも、家具を置いた場所とそうでない場所との境目が跡に残ってしまうこともあるほどです。また、木、革、プラスチックなどの素材の家具は変質して劣化することがあるため気をつけましょう。

紫外線による肌トラブルに繋がる

西向きの部屋では高度が低くなった西日が顔に当たりやすいです。いつも部屋の定位置に座っていて、窓の側の肌が日焼けしたという事例もあるほどです。太陽の強い日差しで日焼けをしないよう、西日による直射日光を避けるとともに、遮光性の低いレースのカーテンなどのそばに居続けることのないよう気をつけたほうがよいでしょう。日焼けは、シミやしわ、たるみなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

西向きの土地に家を建てる際にしておきたい家づくりの工夫

窓からの日差し

西日の悪影響を紹介してきましたが、太陽光は多くの恩恵ももたらしてくれますので、西日の日差しを気にして対策を考えることが必要になります。そこで、西向きの土地に家を建築する際の間取りのポイントについて解説します。

使用用途に合わせて部屋の配置を考える

西日が当たるのを避けたいなら窓を設けないことが考えられますが、通気や換気、採光のためにはおすすめできません。しかも、西向きの土地に家を建てる場合はそういうわけにもいかないでしょう。西側の居住スペースを極力少なくして、その代わり収納部屋や浴室やトイレなどの水回り、階段などを配置する方法があります。それなら西側に大きな窓を設置する必要がなく、小さな窓を設置するだけで済みます。
夕方に長時間使わない場所なら影響も少なく、室温の上昇や西日を必要以上に気にすることがありません。

窓のサイズや仕様を変える

西向きの部屋に大きな掃き出し窓が不要なら、高窓や地窓を設置する方法があります。表通りに面していてプライバシーを守りたい場合などにも有効です。地窓なら低い場所にあるため、西日が顔に当たることもなく、温まった空気を高窓から逃し、涼しい空気を地窓から取り入れられます。
大きな窓が必要ならガラスの材質に注目してみましょう。遮熱効果に優れたガラスにすれば、夏の西日に限らず、冬の結露からも守ってくれるため、夏も冬も冷暖房にかかる光熱費が節約できるでしょう。

室内でできる!西日対策

西向きの部屋の西日を防ぐ手軽な方法として、室内で手軽にできる対策方法について、特徴やメリットを紹介します。室外に施す対策よりも難易度は低めです。
ホームセンターや100均などで入手でき、自分で取り付けもできる対策もありますので、現在は賃貸住宅にお住まいの方も、西日に困っている方はぜひ試してみてください。

カーテン・ブラインド

各カーテンメーカーが、遮光、遮熱、UVカット、防音、防炎、遮像などの特徴を持つさまざまな製品を開発しています。遮光や遮熱等級の高いカーテンなら、西日と室温の上昇を防いでくれます。
ブラインドは簡単に角度を変えられるため、西日を防いで採光や通風を確保できる優れた製品です。ただし、大きな窓ではブラインドの重量が重くなり開閉がしづらい、ホコリがたまりやすいという声も聞かれます。

フィルム

カーフィルムのように、住宅の窓にガラスフィルムを貼る方法も効果的です。ホームセンターなどで入手でき、表面がツルツルした通常のガラスなら貼り付け可能です。模様や性能、色や厚みなどもさまざまな種類が出ており、部屋の状況やインテリアにも合わせられるでしょう。
窓ガラスの飛散防止効果もあるため、台風対策にもなるという利点もあります。

室外でできる!西日対策

屋外の日よけ対策

家の環境に合わせて、室外で西日対策のアイテムを設置する方法も有効です。室外で西日を防げれば、室内に暑い空気を取り込まずに済みます。それぞれの特徴や注意点を見ていきましょう。

簾(すだれ)

日本家屋で古くから使われている簾は、日陰を作るとともに、通風性もあり、なおかつ安価で入手できる点が大きな魅力です。
簾は窓の外に吊るして使いますが、立て掛けて使うタイプのよしずも窓の配置などによっては選択肢になります。

シェード

シェードは、キャンプで使うタープのように窓の外に斜めに張って日陰を作ります。外の暑い空気を直接取り込まないため、室温上昇を抑えるのに効果的です。簾と異なり、洋風の雰囲気が出せます。

オーニング(Awning)

オーニングは、建物の外側に設置して、日差しを調整したり、 雨をよけたりする機能をもつ可動式のテントです。風や光の強さにあわせてテント部分を電動または手動で巻き取ることができます。

グリーンカーテン

室外にハナミズキ・ポプラなどの落葉樹を植えるのも有効な手段です。夏に葉を茂らせて日差しを遮ってくれるだけでなく、秋には紅葉、春には新緑で季節の移り変わりを感じさせてくれます。
また、室内の熱中症を防ぐために、窓の外のネットにつる性植物で日差しを遮るグリーンカーテンを奨励している自治体もあります。
日除けとなるほか、葉の蒸散作用で周囲の気温を下げる効果も期待できます。

庇(ひさし)

庇がない窓なら追加で設置するのも効果的です。ただし、角度の低い西日をきちんと遮るためには、適切な大きさのある庇を選びましょう。また、設置する際の角度も重要です。

外付けのロールスクリーン

ロールスクリーンを取り付ける方法もあります。シェードと似た役割を果たしますが、状況に合わせて開閉や長短の調節が可能という特徴があります。
ただし、設置費用がシェードよりも高くなるため、設置場所や予算に応じて使い分けるとよいでしょう。

おわりに

西向きの土地に建てる家でも工夫次第でメリットを生かしながら日差しの入る明るい家として過ごすことができます。これから建てるのに不安、西日が気になっている、という方は是非参考にしてみてください。

アイフルホームの考えるより良い家とは、「安全で快適に暮らせる家」であること。
アイフルホームの考えるより良い家とは、「暮らしやすい家」であること。
アイフルホームの考えるより良い家とは、「こだわりを叶える家」であること。
アイフルホームの考えるより良い家とは、「長く住み続けられる」こと。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!