リビングに階段を設けることのメリット・デメリットは?

文字の大きさ

リビング階段でおしゃれに。メリット・デメリットは?

リビング階段

家族が家の中で顔を合わせる機会を増やすなどの目的で、近年人気のある「リビング階段」。従来は玄関の前や廊下に設置していた階段を、あえてリビングに設ける方法です。特に小さな子どもがいる家などで、「我が家も新築するならリビング階段に」と検討されている方も多いのでは?
そこで今回は、リビングに階段を設けることのメリットやデメリットについてご紹介します。

リビング階段のメリット

部屋が広く見えるリビングに階段がある家は「今風」「おしゃれ」などのイメージを持つ方も多いはず。しかし実際にリビング階段がある間取りで暮らすことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

部屋が広く見える

リビングに階段という大型の構造物があると、圧迫感を覚えそうな気がしますね。しかし、階段の選び方次第でぐんと開放感を出すことができます。
「オープン階段」「スケルトン階段」と呼ばれる、踏み板の向こうが透けて見えるタイプの階段を選択すれば、階段があっても階段スペースが吹き抜けにもなり、上部にも空間が広がるので、リビングを広々と見せることができます。


階段に光を採り入れられる

リビング階段は採光面が心配という方も、スケルトン階段を選べばリビング全体の光を遮らないため明るくおしゃれな雰囲気の室内を演出できます。せっかくリビングに階段を設けるなら、階段スペースに加えて、リビングの上部を吹き抜けにする方法もおすすめ。天井が高くなり、光を無駄にしない開放的な空間を実現できます。


家族同士のコミュニケーションが取りやすい

子どもが学校から帰ってきたときや、外へ遊びに行くときなど、リビングに階段があれば必ずリビングを通って玄関と子ども部屋の間の移動をすることになります。親は子どもの行動がすぐにわかるため、コミュニケーションもとりやすく、安心感があるでしょう。


リビング階段のデメリット

暖かい空気が上に逃げやすい明るさや通気性の確保などにおいて、メリットが多いリビング階段ですが、デメリットもあります。

暖かい空気が上に逃げやすい

暖められた空気は上に昇っていく性質があるため、リビング階段の開口部から暖気が2階へ抜けやすくなります。冬の暖房効率などに影響する可能性もあるため、1階と2階の境目にスクリーンやカーテンなどを設けて対策をとる方もいます。また、家を建てる段階で断熱性が高い構造の住宅にする方法も有効です。


来客時にくつろげない

お客さまが家に来たときに、リビング階段であれば必ずいったんリビングを通ることになります。部屋着でのんびりくつろぎたいときにも、お客さまがリビングを通るとなるとそうはいかなくなるかもしれません。


プライバシーを確保しにくいと感じることもある

リビング階段は1階と2階間のコミュニケーションが取りやすくなることを、メリットの項目でご紹介しました。しかしそれは逆に考えると、プライバシーを保ちにくくなる可能性にもつながってきます。家族の顔をできるだけ見たくないようなタイミングでも、顔を合わせざるを得なくなってしまうかもしれません。


リビング階段でおしゃれなリビングをつくろう

リビング階段は「寒そう」と思う方は多いかもしれません。しかし、吹き抜けで採光を確保して明るいリビングにしつつ、冷暖房対策をうまく組み合わせればおしゃれで居心地の良い空間を実現できます。
スケルトン階段や、階段下を活用したインテリアなどにこだわることで「カフェのようなリビング空間にしたい」「おしゃれなリビングをお客さまなどにもぜひ見てもらいたい」という方なら、積極的にリビング階段を取り入れるのもおすすめです。


おわりに

今回は、リビング階段がある家のメリットとデメリットについてご紹介しました。リビング階段にはメリットもデメリットもあるため、家を建ててから後悔しないように、ライフスタイルも考慮して導入を検討することがおすすめです。


品質と価格の最適なバランス。厳選されたプラン。

「i-Prime7」は、誰もが豊かで安全に、そして自由にいつまでも住み続けられる家。家の形に暮らしを押し込まず、住まい手によって自在にしつらえる家、快適で安心して住める家を提案します。

コンパクトプランでも、広々使える新プラン登場!

コンパクトな家なのに家族がゆったり過ごせるファミリー空間が特長です。限られたスペースであっても空間が繋がっているので、風や光を通してゆったり開放的に過ごせます。また、コンパクトな家は小さなコストで建てられメンテナンスも楽に。普段のお掃除範囲が小さく移動も少なく済むので、生活のゆとりに繋がります。


完全規格化住宅の「i-Prime7」は基本本体価格が1000万円以下から、豊富なプランをご用意

「i-Prime7」は家づくりにおける様々なコストを見直し、基本本体価格が1000万円以下からの家を実現。お手頃な価格でご提供しています。
「i-Prime7」は誰もが豊かで、ゆとりのある暮らしを応援します。


※ 建物の価格は、施工地域やプランにより価格が異なります。また、基本本体価格には、外構費用・屋外工事(電気、給排水、ガス)・地盤調査費用・家具・カーテン・照明・家電その他諸経費等は含まれておりません。また、基本本体価格が1000万円以下であっても、住宅を建築する際には、別途諸経費等が必要となります。必要となる費用はお客様のご建築される諸条件(ご建築される土地の状態、住宅ローンの借入の有無、建物の配置等)によって異なりますので、予めご了承願います。
住宅の新築にかかる費用についてはこちらをご参照ください。

家づくりコラム


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
expand_less
web housing 自分で設える理想の家
お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方

人生100歳時代の未来住宅【五世代】
expand_less
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
各世代に合った別々のユニットに住みつつも、一つ屋根の下に小さなコミュニティを形成して、お互いを見守り、助け合う多世帯がつながる家です。

アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
expand_less
アイフルホームの性能
安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能

バーチャル展示場
expand_less
バーチャル展示場
3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場

ネット限定住宅が建築可能な地域
expand_less
対象エリア
i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア

住宅ローンのシミュレーション
expand_less
資金計画シミュレーション
住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


ページ上部へ



家づくりガイド


インフォメーション

【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や一時休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ請求の遅延
    arrow_rightデジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの一時休止(留守番電話設定になる場合)
    arrow_rightマイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ