メーターモジュールとは?メリットと尺モジュールとの違いを解説

文字の大きさ

メーターモジュールとは?メリットと尺モジュールとの違いを解説

メーターモジュール

住宅の基本的な設計単位として用いられている「モジュール」。このモジュールは1種だけでなく、「メーターモジュール」と「尺モジュール」が存在します。
今回は、家を建てる方なら覚えておくと役に立つ建築寸法の単位「モジュール」についてご紹介します。メーターモジュールとはどのような単位なのか、またメーターモジュールと尺モジュールの違いについてもご説明します。

メーターモジュールとは?

モジュールとは、建築物や建材の基準となる寸法を指します。メーターモジュールは「1スパン(1区切り)を1mとする」規格寸法で、1グリッド1000mm×1000mm(1m四方)です。
メーターモジュールの場合は、1m単位で寸法を出しているんだな、とおおまかに意識でき、サイズ感が把握しやすいでしょう。
このメーターモジュールは比較的新しく、採用しているハウスメーカーや工務店は限られています。一方の尺モジュールは古くから日本で使われていて、今でも主流なモジュールです。


メーターモジュールと尺モジュールの違い

家の寸法モジュールは、「メーターモジュール」と「尺モジュール」の2種類があり、寸法が異なります。
メーターモジュールは、1グリッドを1m×1mと、メートル単位で考えます。これに対し尺モジュールは、「寸・尺」という尺貫法をベースにしています。尺貫法の3尺(=半間)を基礎にしているので、尺モジュールの1グリッドは、メートル単位に直すと「910mm×910mm」となります。つまり、尺モジュールはメーターモジュールと比較し、1辺の長さが「マイナス9cm」となるのです。
メーターモジュールの場合、柱の中心から柱の中心の幅が1m、壁の厚さを引くと、人が通れる幅は約87cmです。対して尺モジュールは、柱の中心から柱の中心の幅が91㎝、人が通れる幅は約78cmになります。

メーターモジュールと尺モジュールのいずれを採用しているかにより、全体的な家の大きさや広さ、建築費用なども異なります。
たとえば、6畳間の場合、尺モジュールだと2.73m(1.5間)×3.64m(2間)となるので、約9.94m2になりますが、メーターモジュールだと、3m×4mで12m2になります。
尺モジュールを基本寸法として家を建てる場合、メーターモジュールよりも約20%狭くなります。


メーターモジュールのメリット

お風呂場の広さ

大きく建築できる

メーターモジュールは、尺モジュールよりも基準となる寸法が大きくなるため、広く大きな家を実現できます。もちろん土地の広さや敷地の制限があるので、メーターモジュールならどんな家でも1.2倍広く建てられるとはいえません。しかし、基本単位が大きいので、実際に広々とした室内が実現可能です。また、階段も幅が広く、ゆるやかな勾配になります。
ただし、狭小地などの場合には、尺モジュールで小さい単位で設計した方が細かく設計できるので、有利となる場合もあります。


廊下や階段・水回り空間にゆとりがある

メーターモジュール採用による室内の広さをより実感できるのは、玄関スペースや廊下・階段、お風呂場やトイレなどの水回り空間です。これらのスペースは居室よりも狭く小さいため、グリッド単位で9cm異なるだけでも全体の大きさがかなり変わってきます。

玄関を広々とさせたい方や、水回りのサイズ感にゆとりを持たせたい方なら、メーターモジュールを採用して設計した住宅を選択することがおすすめです。階段や廊下が広いと、車いすを利用する場合にも楽になるでしょう。


おわりに

今回は、建築物の設計単位である「モジュール」のうち、「メーターモジュール」と「尺モジュール」の2種についてご紹介しました。
日本国内の住宅は従来、尺モジュールを採用するケースが主流でした。しかし、メーターモジュールを採用するハウスメーカーや工務店も増えています。特に広々と空間を利用したい場合には、メーターモジュール採用のハウスメーカーや工務店に依頼すると良いでしょう。


家づくりコラム


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
expand_less
web housing 自分で設える理想の家
お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方

人生100歳時代の未来住宅【五世代】
expand_less
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
各世代に合った別々のユニットに住みつつも、一つ屋根の下に小さなコミュニティを形成して、お互いを見守り、助け合う多世帯がつながる家です。

アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
expand_less
アイフルホームの性能
安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能

バーチャル展示場
expand_less
バーチャル展示場
3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場

ネット限定住宅が建築可能な地域
expand_less
対象エリア
i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア

住宅ローンのシミュレーション
expand_less
資金計画シミュレーション
住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション




家づくりガイド

【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ発送の休止
    デジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの休止(留守番電話設定になる場合)
    マイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ

クイックメニュー