ローコスト住宅とは?建ててから後悔しないためのポイント

文字の大きさ

ローコスト住宅とは?建ててから後悔しないためのポイント

ローコスト住宅

「ローコスト住宅」という名前に興味を持ちつつも、安いゆえに質の低い住宅ではないかと疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。今回は、ローコスト住宅とはどんな家なのか、またローコスト住宅を選ぶ際に後悔しないポイントについてご紹介します。新築の購入を検討していて、ローコスト住宅が気になっているという方は、ぜひ読んでみてください。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、その名称で想像できるとおり「普通の注文住宅よりも、価格を抑えている住宅」を指します。一般的には建物価格が1,000万円程度の家をそう呼ぶケースが多くなっています。

ローコスト住宅は、規格に基づいた大量生産の建材を活用したり、独自のルートで部材の仕入れを行ったりするなどの手段で、さまざまなコストを抑えています。また、工期を短くしたり、余計な人件費や材料費を削減して価格を下げているため、通常の注文住宅よりも安く建築できるのです。家の主要な構造に関して極端なコストダウンを図っているわけではないため、安いからといって質が悪いということではありません。

ローコスト住宅の選択は家づくりを依頼する建築主にも、家の建築を請負う建築会社の双方に大きなメリットがあり、これから家を買う予定の方にとってもローコスト住宅は有用な選択肢の1つとなるはずです。


ローコスト住宅の仕組み

乾式工法ローコスト住宅は、余計な人件費や材料費を削減し工期を短縮することで、賢くコストを抑えている点が長所であると先に述べました。ここでは、ローコスト住宅において実際にどのようなコスト削減を行っているのかについて、ご紹介します。

乾式工法で低価格+工期を短縮

「塗り壁」などの水を材料に使用した工法を「湿式工法」と呼びます。それに対し、工場で生産されたパネルや合板などを現場で取り付ける工法を「乾式工法」と呼んでいます。職人の腕前で仕上がりが左右される湿式工法を選択せず、工業製品を採用することで安定した品質を確保しながら、建築コストを上手に省いているのです。
また、湿式工法では乾燥させる養生期間が必要となりますが、乾式工法では養生期間が短くなり、天候にも左右されず、乾式工法の方が工期を短くすることができます。


四角いシンプルな間取り

ローコスト住宅では、シンプルな四角い間取りを採用しているケースが一般的です。これによって使用する外壁の面積を減らし、材料費の削減を実現しているのです。内部の間取りについても、廊下などを多く作らず合理的で使い勝手の良い間取りがなされているケースが主流です。

ローコスト住宅は使い勝手がよく価格も安いため、多くのメリットがあります。ただし、材料の種類や質感、雰囲気・風合いを楽しみたい方や他にはない我が家らしさを求める方には向かない可能性もあるでしょう。何十年と長く暮らす家ですから、何を重視したいかをよく見極めて慎重に選ぶ必要があります。


ローコスト住宅で後悔しないために

ローコスト住宅の設計ローコスト住宅は、価格の安さだけで選んでしまうと建ててから後悔することにもなりかねません。むやみに低価格だけを追求するのではなく、求める品質は保持しつつシンプルな家を選ぶことが、賢く安く家を建てる方法といえるでしょう。
そのためには、以下のポイントに気を配りながら家づくりの計画を立てることをおすすめします。


保証や定期点検を確認する

ローコスト住宅で価格を抑えて、安く家を建てようと思っても、家を建てる前にローコスト住宅を扱う会社が倒産してしまったり、建てた後のアフターメンテナンスや保証がしっかりしておらず、メンテナンスや不具合が後から発生するとも限りません。長く住む家なので、保証や定期点検など建てた後のことをしっかり頭に入れて選ぶことが大切です。


性能評価を確認する

平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(略称「品確法」)の1つの柱である住宅性能表示制度によって、住宅の性能を登録住宅性能評価機関(第三者機関)が評価基準に従って客観的に評価し、その結果を性能評価書として交付する制度があります。
住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を実際に受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。施工会社によっては、自社の商品の性能を住宅性能表示制度の基準に当てはめた場合の等級を明示している場合もありますので、性能評価を確認するのも一つの方法です。


おわりに

今回は、ローコスト住宅に関する基礎知識や、ローコスト住宅を後悔なく選ぶポイントについてご紹介しました。
ローコスト住宅は、コストを重視するお客様にとっては優位性の高い選択肢のひとつです。長く暮らした上で「建てて良かった」と思える家づくりのために、賢く選ぶポイントをおさえた上でローコスト住宅を検討することをおすすめします。


品質と価格の最適なバランス。厳選されたプラン。

「i-Prime7」は、誰もが豊かで安全に、そして自由にいつまでも住み続けられる家。家の形に暮らしを押し込まず、住まい手によって自在にしつらえる家、快適で安心して住める家を提案します。

コンパクトプランでも、広々使える新プラン登場!

コンパクトな家なのに家族がゆったり過ごせるファミリー空間が特長です。限られたスペースであっても空間が繋がっているので、風や光を通してゆったり開放的に過ごせます。また、コンパクトな家は小さなコストで建てられメンテナンスも楽に。普段のお掃除範囲が小さく移動も少なく済むので、生活のゆとりに繋がります。


完全規格化住宅の「i-Prime7」は基本本体価格が1000万円以下から、豊富なプランをご用意

「i-Prime7」は家づくりにおける様々なコストを見直し、基本本体価格が1000万円以下からの家を実現。お手頃な価格でご提供しています。
「i-Prime7」は誰もが豊かで、ゆとりのある暮らしを応援します。


※ 建物の価格は、施工地域やプランにより価格が異なります。また、基本本体価格には、外構費用・屋外工事(電気、給排水、ガス)・地盤調査費用・家具・カーテン・照明・家電その他諸経費等は含まれておりません。また、基本本体価格が1000万円以下であっても、住宅を建築する際には、別途諸経費等が必要となります。必要となる費用はお客様のご建築される諸条件(ご建築される土地の状態、住宅ローンの借入の有無、建物の配置等)によって異なりますので、予めご了承願います。
住宅の新築にかかる費用についてはこちらをご参照ください。

家づくりコラム


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
expand_less
web housing 自分で設える理想の家
お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方

人生100歳時代の未来住宅【五世代】
expand_less
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
各世代に合った別々のユニットに住みつつも、一つ屋根の下に小さなコミュニティを形成して、お互いを見守り、助け合う多世帯がつながる家です。

アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
expand_less
アイフルホームの性能
安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能

バーチャル展示場
expand_less
バーチャル展示場
3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場

ネット限定住宅が建築可能な地域
expand_less
対象エリア
i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア

住宅ローンのシミュレーション
expand_less
資金計画シミュレーション
住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


ページ上部へ



家づくりガイド


インフォメーション

【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や一時休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ請求の遅延
    arrow_rightデジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの一時休止(留守番電話設定になる場合)
    arrow_rightマイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ