二世帯住宅の間取りの3つの種類を解説!それぞれのメリット・デメリット

文字の大きさ

二世帯住宅の間取りの3つの種類を解説!それぞれのメリット・デメリット

二世帯住宅の種類

親世帯と子世帯で様子を見ながらともに暮らすことを考え、マイホームを二世帯住宅にしたいと検討中の方も多いと思います。その中で、「二世帯住宅の間取りにはどんな種類があるの?」「3世代同居をするのは初めてなので不安…」などのお悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、二世帯住宅の間取りの代表的な3つの型について解説し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。二世帯住宅の種類やその特徴を知り、暮らし方にあった家作りのヒントにしてみてください。

二世帯住宅の間取りの種類

二世帯住宅の間取りの種類は、大きく分けて「完全同居型(共有型)」、「完全分離型(独立型)」、「一部共有型(部分共有型)」の3つとなります。ここでは、3種類それぞれにどのような特徴があるかご紹介します。

完全同居型二世帯住宅(共有型)

完全同居型は、各世帯の寝室以外を二世帯で共用する住宅です。玄関やキッチン、浴室やリビングなど、共用部分が住宅の大半を占めることが最大の特徴です。


完全分離型二世帯住宅(独立型)

完全分離型とは、各世帯の生活空間を、玄関から完全に分けた形の二世帯住宅です。共有部分がなく、世帯同士が完全に分離しているため、別居や近居に近い感覚での同居ができる間取りといえるでしょう。


一部共有型二世帯住宅(部分共有型)

一部共有型は、住宅の一部分だけを共有し、それ以外のスペースを各世帯で分離する形の二世帯住宅です。部分共用型二世帯住宅などとも呼ばれており、完全同居型二世帯住宅と完全分離型二世帯住宅の中間にあたります。


完全同居型二世帯住宅のメリット・デメリット

ここでは、寝室以外のすべての空間を共用する「完全同居型二世帯住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 各世帯同士のコミュニケーションが容易なので、家族間のコミュニケーションが深まりやすく、お互いの家族の様子が見られるので、体調の異変などに気づきやすく、安心
  • 間取りがシンプルになり、浴室や洗面所、玄関などを共有するので、建てるときの建設コストや住んでからの光熱費を抑えられる
  • 共用部分が多いため、各部屋を広く大きく使える

デメリット

  • 各世帯のプライバシーを完全に確保することが難しい
  • 世帯ごとの生活時間が異なるなどのトラブルが予測される場合、安心して暮らすための工夫やルール作りが必要

建てる際のコストを抑えられる完全同居型二世帯住宅ですが、プライバシー確保などの問題が生じる可能性もあります。リビングやキッチンを中心にして、寝室など各世帯が個々で使用するスペースをバランスよく配置して、家事協力とプライバシーを両立しましょう。


完全分離型二世帯住宅のメリット・デメリット

完全分離型二世帯住宅

ここでは、玄関をはじめとするすべての生活空間を分離する「完全分離型二世帯住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • それぞれの世帯の独立性が高いので、生活サイクルや価値観の相違による、世帯間のトラブルを回避しやすい
  • 将来的に賃貸住宅への転用も容易

デメリット

  • 一軒の家にすべての生活空間を2つ作るため、建てる際の建設コストや住んでからの光熱費が高くなりがち
  • 各世帯の交流が減り、家族の様子を見ることが難しくなるため、体調の異変などに気付きにくい

建てる際にはコストがかかりますが、2つの家族がほぼ別々の住まいとして暮らせるため世帯間のプライバシーを尊重して暮らせる点が大きなメリットです。
万一転居や離別・死別などによって二世帯住宅として使用しなくなっても、一世帯分を賃貸として活用できます。賃貸に出す場合、条件が整っていれば「かせるストック」(※)の認定を受けることで「マイホーム借上げ制度」を利用する際に優遇措置を受けることができます。

(※)「かせるストック」・・・一般社団法人 移住・住み替え支援機構(JTI)による長期メンテナンス体制の基準をクリアした新築住宅に与えられる認定基準。認定されれば、手続きの簡略化や年齢制限の撤廃といった「マイホーム借上げ制度」の優遇措置を受けることができ、住宅をスピーディーに賃貸に出すことが可能です。


一部共有型二世帯住宅のメリット・デメリット

一部共有型二世帯住宅

ここでは、玄関や廊下など一部の生活空間を共有し、それ以外を分離する「一部共有型二世帯住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • プライバシーをある程度確保しつつも、日々顔を合わせてのコミュニケーションを取れるなど、バランスの良い半同居生活ができる
  • 完全分離型と比較すると、建てる際の建設コストを抑えられる
  • 共用部分と独立部分を世帯ごとの都合で決められ、間取りの自由度が高め

デメリット

  • 共用部分で顔を合わせる際、気遣いが負担になる可能性がある
  • 各世帯の生活時間が極端に異なる場合、共用部分の使い方などでストレスが生じることも考えられる

顔を合わせて様子を見ながら、互いのプライバシーも保ちやすい点が一部共有型のメリットです。トラブルの可能性が予測される場合は、共有部分の使用ルールを作るなど互いの配慮を前提とした意思決定を事前にしておき、解決につなげましょう。


おわりに

暮らし方や生活リズムも異なる別世帯が、お互いのプライバシーを確保しながらも、1つ屋根の下に住まう二世帯住宅。
二世帯住宅の間取りは大きく「完全同居型」「完全分離型」「一部共有型」という3つのパターンに分けられますが、暮らし方や生活パターン、ライフステージや家族構成の変化、お互いの世帯の距離感などよって、どの二世帯住宅のパターンがベストかは変わってきます。
それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、お互いを見守り、助け合える住まいの形を検討してみてはいかがでしょうか。


人生100歳時代の未来住宅「五世代」

独立して暮らしながら、つながりたいときにつながる。共有できるモノは共有して、元気に楽しく暮らしながらお互いを見守り、助け合う。これを実現するため、家の中央に配置されているのが生活を共有するスペース=コネクティング・フロアです。
 祖父母が子育てのアドバイスをしたり、子どもたちが高齢者のお手伝いをしたり、家族のつながりを深めながら思いやりにあふれた暮らしを育む、住まいの新しいカタチです。

家づくりコラム


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
expand_less
web housing 自分で設える理想の家
お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方

人生100歳時代の未来住宅【五世代】
expand_less
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
各世代に合った別々のユニットに住みつつも、一つ屋根の下に小さなコミュニティを形成して、お互いを見守り、助け合う多世帯がつながる家です。

アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
expand_less
アイフルホームの性能
安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能

バーチャル展示場
expand_less
バーチャル展示場
3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場

ネット限定住宅が建築可能な地域
expand_less
対象エリア
i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア

住宅ローンのシミュレーション
expand_less
資金計画シミュレーション
住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション




家づくりガイド

【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ発送の休止
    デジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの休止(留守番電話設定になる場合)
    マイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ

クイックメニュー