文字の大きさ
- +

アウトドアリビングの作り方とは?魅力や気をつけるポイントを紹介!

2021.03.15

ウッドデッキのアウトドアリビング

アウトドアリビングとは、テラスや庭などを室内と緩やかにつなげ、リビングのように使用するスペースのことです。自然や季節を感じながら生活を楽しめるとあって、注目が集まっています。
この記事では、これから新築一戸建てを検討される方に向けて、アウトドアリビングの魅力と作り方、注意点について解説します。

アウトドアリビングの作り方

オーニングのあるアウトドアリビング

アウトドアリビングは、バルコニーやテラスとリビングをひと続きにしたり、庭に設置する方法で設けられます。どちらも屋外で使用が可能な家具などを配置することで、リビングにいるようなリラックス空間を実現できます。

リビングとバルコニーをつなげる

室内とバルコニー・テラスが連続的な空間になったアウトドアリビングでは、部屋がぐんと広くなったような効果が得られます。

スペースをひと続きにするには、リビングとバルコニーの段差をなくしたり、窓を大きくしたりといった方法が考えられます。スペース全体が開放的になることに加え、出入りしやすくなることもメリットです。家具や荷物の出し入れもスムーズになるでしょう。室内だけのリビングよりも過ごし方の選択肢が広がり、家で過ごす時間がさらに楽しくなるはずです。

ウッドデッキを敷く

バルコニーやテラスにウッドデッキを敷くと外に出やすくなり、リビングと屋外の距離感はさらに近づきます。活用方法が広がり、ペットと遊んだり、家族団らんでの食卓や読書、ビニールプールなどの水遊びにも利用できるでしょう。

簡単に水洗いができるのもウッドデッキの利点です。バーベキューを行ったり、遊び盛りの子どもが裸足で走り回ったりする使用環境でも、清潔さを保ちやすくなります。ラグやベンチ、クッション、観葉植物などを配置すると、木製のデッキの上にグリーンが映える魅力的な空間を演出できます。

東屋(あずまや)を設置する

庭に広めのスペースを確保できるようであれば、屋内から少し離れた敷地に、東屋を設置してみるのも良いかもしれません。屋根が強い日差しを防ぎ、吹き抜ける風も感じられます。ガーデンソファーやテーブルを置けば、東屋本来の用途である休憩はもちろん、ティータイムやお昼寝、家族や仲間との食事・語らいの場にも使用できます。

東屋は、エクステリアとして庭全体の表情を変え、ほんの少し日常を忘れさせるラグジュアリー感も生活にもたらします。屋根があるので、急な雨が降り出しても、それほど慌てる必要はありません。庭でバーベキューをするときに東屋があれば、においが室内にこもることを気にせず、思いっきり食事を楽しめるでしょう。

アウトドアリビングの魅力を紹介!

庭に設けたアウトドアリビング

アウトドアリビングは、庭やバルコニー・テラスに少し手を加えるだけで、思いのほか簡単に設置できます。室内だけではなく、屋外にもリビングがあると思うと、ここで何をしようかなとアイディアや夢が膨らむことでしょう。

手軽なアウトドアで楽しめる

アウトドアには興味があっても、荷物をまとめたり、外で食事を作ったりすることが苦手な方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは、アウトドアリビングでプチキャンプ気分を味わってみましょう。荷物の積み込みや車での移動もなく、調理で足りないものがあっても、室内へすぐ取りに行けます。トイレやお風呂も、家の設備が使えるので快適です。

初めてのキャンプを前に子どもが不安がっているときには、アウトドアリビングにテントを張って、キャンプ体験をしてみるのはいかがでしょうか。テントの中で眠る練習にもなります。空いているスペースにハンモックを設置すれば、家族一緒にリラックス気分を味わえるでしょう。

家の中で安心感がある

アウトドアリビングは、家の敷地の中にあることが良さの一つです。もし野外で寝転びながら本を読んでいたとしたら、どうしても人目が気になってしまうのではないでしょうか。しかし、アウトドアリビングなら、外にいながらにして人の目が届きづらく、安心感とくつろぎを与えてくれます。リビングやキッチンで家事をしながら、子どもが遊んでいる様子を見守ることも可能です。

費用的にお得

外出や外食の機会は、私たちに楽しみや刺激をもたらしますが、頻繁だと出費がかさむ一方です。かといって、家にいてばかりだと退屈してしまうのではないでしょうか。そんなときは、アウトドアリビングで食事や余暇を満喫するのも一つの方法です。

おしゃれなライトを灯したり、カラフルなガーランドを飾ったりすれば、いつもの夕食とは雰囲気が変わります。静かな音楽をかけて、星を眺めながらワインを飲むひとときもロマンチックです。

お金をかけずに普段と違った気分を味わえるのも、アウトドアリビングの魅力と言えます。

アウトドアリビングで気をつけるべきポイント

生活に充実とラグジュアリー感をもたらすアウトドアリビングにも、デメリットがいくつかあります。以下では、アウトドアリビングを作る上での注意点とその対策方法をご紹介します。

メンテナンスが必要

アウトドアリビングは屋外にあるため、雨や日光が直接当たることは避けられません。しかし、定期的なメンテナンスで劣化を遅らせることは可能です。

例えばウッドデッキは、天然木を使用している場合には防水・防虫処理などが必要です。
木粉と樹脂の素材でできた人工木(樹脂木)を使用した場合には、メンテナンスは比較的少なく済みますが、汚れや苔などを、デッキブラシや高圧洗浄機などで水洗いをする事は必要になります。

プライバシーを守る工夫が必要

快適なアウトドアリビングを作るには、外部からの視線をさえぎる工夫も欠かせません。例えばフェンスや生垣、ベランダルーバーといった目隠しを設けて、ガードする方法が考えられます。上からの視線が気になるなら、タープや東屋も有効です。

しっかりとしたプライバシー対策を講じることが、アウトドアリビングで過ごすときの安心感につながります。

虫の対策が必要

外で楽しくご飯を食べていたら蚊や蜂が寄ってきたという経験は、誰しも一度はあるかもしれません。アウトドアリビングでも、夏にはやはり虫除け対策は必須と言えます。

つるすタイプやスプレータイプの虫除けをはじめ、デザイン性を重視するなら、おしゃれな蚊遣りを置いてみるのも風情があります。ランタンタイプの虫除けは、照明としても使えるので便利です。

虫対策グッズを活用することで、より快適で居心地の良い環境を作り出せるでしょう。

おわりに

開放感のあるアウトドアリビングが家にあると、余暇の過ごし方や子どもと過ごす時間がより豊かで充実したものとなるはずです。自宅でアウトドア気分を楽しめるなど、室内と野外の良さを同時に味わえるのも魅力と言えます。
お家を建てる際には、ぜひ施工例なども参考にし、あなたの思い描くアウトドアリビングのある暮らしを実現させてください。


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ
ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
1000万円以下からの価格の家、i-Prime7(基本本体価格、税抜、標準仕様の場合)
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
バーチャル展示場
ネット限定住宅が建築可能な地域
住宅ローンのシミュレーション
家を建てるなら知っておきたい!はじめての家づくりガイド



【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ発送の休止
    デジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの休止(留守番電話設定になる場合)
    マイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ

クイックメニュー