3世代同居・近居・隣居とは?親と同居するメリットとデメリット

文字の大きさ

3世代同居・近居・隣居とは?親と同居するメリットとデメリット

3世代で同居する家族

「親との3世代同居」というと、ハードルが高いものと考える方も多いと思います。しかし近年では、親世帯との「近居・隣居」など、「3世代がともに暮らす」形も多様化しています。
今回は、親世帯と子・孫世帯の同居・近居・隣居が再び注目されている背景や、親世帯と子世帯がともに暮らすメリット・デメリットをご紹介します。

3世代同居・近居・隣居とは

「3世代同居・近居・隣居」とは、親世帯と子・孫世帯がともに支え合って暮らすために同じ家に住まうか、または隣や近所に別の家を構えて暮らす手段を指します。
ここでは、同居・近居・隣居の違いについて説明するとともに、現代において3世代同居や近居のスタイルが推奨される理由などをご紹介します。


同居・近居・隣居の違い

「同居」、「近居」、「隣居」という3つの言葉について、親世帯と子・孫世帯の二世帯の場合を例にその違いを解説します。


同居

親世帯と子・孫の世帯などの別々の世帯が、二世帯住宅を構えるなどして、生活空間をともにした1つの家に住む形を指します。


近居

2つの世帯が同じ家では暮らさないものの、徒歩圏内などの近所にそれぞれの住まいを構え、必要に応じコミュニケーションを取りながら暮らす形です。


隣居

2つの世帯が同じ敷地内などすぐ近くに2軒の家を構えて、隣同士で住まう形です。または、出入り口や生活空間を完全に分けた「完全分離型」の二世帯住宅で暮らすことも、隣居と呼ぶことがあります。


3世代同居が注目されている理由

先の項目でもご説明した「3世代同居」。近年は減少傾向でしたが、同居を推進するための制度が充実してきたこともあり、少子化を背景に見直されています。
3世代同居が再び注目されている背景には、少子化が進み、子育て中の親の孤立感や負担感が大きいことが、妊娠、出産、子育ての制約になっていることがあります。子育てなどを通して世代間で必要な時に支え合うことを目的に、3世代同居・近居をしやすい環境づくりが推進されているのです。

親と同居・近居・隣居するメリット

玄関にいる祖父母と孫

親世帯と子・孫世帯が同居もしくは近居・隣居することは、意外に現代のライフスタイルにマッチする側面が大きいといわれています。ここでは、21世紀の超高齢社会において親世帯と子・孫世帯が同居・近居・隣居するメリットをご紹介します。

自分の子供の世話をお願いできる

子育て支援という意味合いでも、同居・近居・隣居には大きなメリットがあります。
待機児童が社会問題となっている昨今、保育園や学童に子供を預けることが叶わず、仕事に支障が出ることも少なくありません。そんな場合でも、親世帯に子供の面倒を見てもらえることで、共働き夫婦の働きやすさの向上にもつながるでしょう。
急な発熱や感染症などの体調不良で登園・登校ができない際にも、親世帯が通院や看病に協力してくれることで、負担を減らすことができます。


親の介護がしやすくなる

将来、親世帯の家族が要介護状態になった場合も、子世帯が同居・近居・隣居することにより自宅での介護がしやすくなります。また、万一入院や施設入居をすることになった際にも、それらに関する手続きや入院・入居中のケアが比較的容易になるでしょう。


住宅費や光熱費の節約ができ、相続税も優遇される

同居する場合、2世帯が同じ家に住むことで住居に関するコスト(住居費・光熱費・固定資産税など)を抑えられる点は大きなメリットです。また、親が住んでいた住宅を同居する子が相続人として引き継ぐことになった場合に相続税が優遇される「小規模宅地等の特例」という制度があり、税制面でのメリットもあります。


3世代同居・近居・隣居への補助金制度がある自治体も

3世代同居・近居・隣居を始めるご家族に対し、補助金による支援制度を設けている自治体も少なくありません。現に3世代同居が比較的難しいとされる首都圏でも、3世代同居、近居・隣居に関する補助金制度を実施している自治体は数多くあります。

制度の特徴としては、同居を前提とした二世帯住宅に限らず、近居や隣居を検討中の場合も補助を受けられる点があります。制度の詳細や補助を受ける条件などは、同居・近居・隣居を考えている市区町村に問い合わせすることをおすすめします。


親と同居・近居・隣居するデメリット

住宅の間取りを検討する夫婦

3世代が同居することには、現代の社会背景ならではのメリットが多いことをご紹介しました。しかし、これまで別々に暮らしていた家族が同じ家や近所に住むことにより、生活サイクルや価値観の相違などでストレスが生じることがあります。トラブルにつながらないよう、同居・近居・隣居の検討段階であらかじめ対策を考えておくことがおすすめです。

二世帯住宅に同居する場合には、間取りを決める段階から、同居後の生活を具体的にイメージして、双方の意見を取り入れながら家づくりをしていったり、共用部分の使用に関するルールを作ったりするなどの対策を検討しておくと良いでしょう。
近居や隣居でも、緊急時以外は各世帯の生活時間に合わせて訪問や連絡の時間帯を調整するなど、ご家族同士の都合に沿って柔軟な対処法を考えておきましょう。


おわりに

親世帯と子・孫世帯の同居・近居・隣居には多くのメリットがありますが、近くにいるからこそ生じるストレスや悩みも付き物です。末永く支え合い実り多い暮らしを実現するためにも、3世代同居や近居・隣居のデメリットも理解した上で、対策をあらかじめ検討することをおすすめします。


人生100歳時代の未来住宅「五世代」

独立して暮らしながら、つながりたいときにつながる。共有できるモノは共有して、元気に楽しく暮らしながらお互いを見守り、助け合う。これを実現するため、家の中央に配置されているのが生活を共有するスペース=コネクティング・フロアです。
 祖父母が子育てのアドバイスをしたり、子どもたちが高齢者のお手伝いをしたり、家族のつながりを深めながら思いやりにあふれた暮らしを育む、住まいの新しいカタチです。

家づくりコラム


マイページ登録

家の間取りや価格を確認しよう!

ウェブハウジングのpick upコンテンツ

ローコスト住宅のネット限定住宅i-Prime7内観イメージ
expand_less
web housing 自分で設える理想の家
お客様ご自身で外観・プラン・仕様や色を選択し、インターネットで住宅を建てるという新しい仕組みです。
web housingの進め方

人生100歳時代の未来住宅【五世代】
expand_less
人生100歳時代の未来住宅【五世代】
各世代に合った別々のユニットに住みつつも、一つ屋根の下に小さなコミュニティを形成して、お互いを見守り、助け合う多世帯がつながる家です。

アイフルホームの性能。構造・仕様の詳細
expand_less
アイフルホームの性能
安全性能、耐久性能、快適性能、安心性能をさらに進化させた住まいづくりに取り組んでいます。
アイフルホームの性能

バーチャル展示場
expand_less
バーチャル展示場
3D外観画像と内観の360°パノラマ画像がご覧いただけます。実際の建物の中を見ているようなリアルな画像でご覧いただけます。
バーチャル展示場

ネット限定住宅が建築可能な地域
expand_less
対象エリア
i-Prime7のネット限定住宅が建築可能な地域を確認しましょう。
対象エリア

住宅ローンのシミュレーション
expand_less
資金計画シミュレーション
住宅ローンの借入をシミュレーションできます。ゆとりのあるマイホームの資金計画を考えてみましょう。
資金計画シミュレーション


ページ上部へ



家づくりガイド


インフォメーション

【お知らせ】
新型コロナウィルスへの感染拡大防止に向けた対応の為、業務の遅延や一時休止が生じる場合がございます。お急ぎの場合には、下記をご利用下さいます様、お願い致します。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • ・カタログ請求の遅延
    arrow_rightデジタルカタログをご覧下さい。
  • ・フリーダイヤルの一時休止(留守番電話設定になる場合)
    arrow_rightマイページのお問い合わせフォームをご利用ください。

pick up コンテンツ